スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:-- ] l この記事を印刷 | スポンサー広告
しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ
しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ
しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ

武田 美穂 さく え
2016年  ほるぷ出版

さあ いくぞ!
はじめのい~~~っぽ!

だるまさんが~~~~こ ろ ん~~~~だ!


だれもが一度はやったことのある、「だるまさんがころんだ」。
男の子2人が「だるまさんがころんだ」をやっているだけ、といえばそれまでの絵本、なのですが。

はあはあ息を切らして近づく。
振り向かれれば、ぴたりととまって、にやり。
後ろを向けば、変な顔したり、踊ってみたり。
変なポーズで止まっちゃうと、じっとしてるのが辛くてぷるぷる・・・・(@@)

この感じ! わかるわかる!
ムスコ達も、このドキドキわくわくに覚えがあるようで、早速、ポーズを決めてはニヤリ。

聞いてみると、は遠巻きにポーズをいろいろとって楽しむタイプ、は速く近づいてタッチしたいタイプ、みたいです。
2人の「だるまさんがころんだ」の参加の仕方が全然違うのがわかって面白い(^^)

元気いっぱいの絵を見ているだけで、笑って元気が出る絵本。。
そして、絶対に「だるまさんがころんだ」をしたくなる!
作者の描く子供たちはほんとうに、表情豊かでかわいいです!

1/3のO&J
今日は書き初めをしました。

去年は、初めての書き初めの宿題に、てんやわんやでした。
狭い部屋に習字道具を並べ、筆遣いからなにからがあやしいと格闘。
そもそもあの大きさの紙に書くのが初めてだというのですから。
こちらも、習字は大の苦手。
祖母がお習字の先生だとは口が裂けてもいえない状態なのです。
あれが今年もやってくる・・・と戦々恐々としていたのですが。。。。
今年は意外や意外、比較的スムーズに進みました。

1年を経て、準備や最低限と思われる所作ができるようになったのが大きい。
(決して、うまいとか、そういうことでなく。)
えんぴつの字が壊滅的なのですから、とめはねをしている字が書かれているだけで、満足というものです。

隣では、習字を来年にひかえたが、水で書けるお習字セットで練習中。
何を思ったか、「道」という字を練習していました。
なぜ道なのかは?(^^)

とりあえず、無事に終わった宿題にほっとしたのでした。

1/22のO&J
の学校の宿題で、生まれた時の様子や就学時前の成長の記録を調べてくる宿題が出ました。
これ、2年前にもにやったのですが、母子手帳やアルバム、日記などを出してきて(このブログも見かえした)、なかなか大変だった・・・。
これって、子どもの宿題というよりも、親の宿題・・・

でも、やはり小さいの頃の話を聞くのは、子どもは楽しいらしく、名前の由来や好きだったことなどを聞いてうれしそうにしていました。
いやあ~、大きくなったねえ(^^)

1/30のO&J
「1カ月で誰でも股関節が柔らかくなる」、という本がはやっています。
体が硬さには定評のある?わが家のメンバー。

ダメもとで・・・と早速挑戦しています。
もともと一番柔らかいが一番熱心にやっています。
生まれてこれまで柔らかかったことが一度もないかーたんでも大丈夫かなあ~?

そのうちに成果を報告します。


スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2017/03/22 08:15 ] l この記事を印刷 | ユーモア絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
江戸のお店屋さん その弐
江戸のお店屋さん その弐 
江戸のお店屋さん その弐

藤川智子 さく え 谷田 有史 小林 克
2014年 ほるぷ出版

お寿司にてんぷら、しるこの屋台♪
江戸の町にタイムスリップしたら、どのお店に立ちよってみましょうか?


江戸の生活に密接に関係したお店紹介の絵本。
お店の外観から商品まで、細かく描かれた図鑑のような絵本です。
芝居小屋のページでは、建物だけでなく、観劇の仕方、お弁当、楽屋や舞台裏の様子などなど、幅広く紹介されています。
お客さんの様子も生き生きと描かれているので、その町に入り込んだような気分にさせてくれます。

お店だけではありません。
てんびん棒をかついで物を売りあるく「ぼてふり」。
こんなものまで歩いて売ってるの??とびっくりするものもありました。
サクラソウや冷水、金魚、凧、盆提灯など季節によって変わるものも。
やっぱり商売上手な人とか、この時代からいたんでしょうね~(^^)


1/1のO&J
今日はとーたんの実家にごあいさつに行きました。
お正月になるととーたんの弟Yさんが帰省してきます。

2年前、Yさんに雪遊してもらったのがたいそう楽しかったようで、今年もこの日を楽しみにしていた2人。
ところが、雪はこれっぽっちもなく・・・あいにくの雨。
がっかりして、家の中でおせちをいただいたり、ピアノをひいたり、テレビを見たりしていましたが・・・

2人の願いが届いたのか、1時間ほどで太陽が!
喜んで庭に飛び出していきました。
サッカーしたり、Yさんのゴルフクラブを触らせてもらったりしていたようです。
車で大阪から帰ってきたというのに、Yさん、本当にありがとうございます。

ちなみにかーたんは、おせち係(家の中でおせちを食べているだけ)でした。
一年の計は元旦にあり。
今年も丸々増えていく一方なのか・・・(--)

1/2のO&J
誕生日です。
朝起きると、から随分手の込んだ手作り人形劇シートをもらいました。
からは、メッセージが書かれた紙ひこうき。
制作時間はずいぶん違いそうですが、もちろん、どちらも嬉しいです。

凝り性のの性格もありますが、
「誕生日プレゼントあげたから、ぼくの時もすごいのお願いね。」
と言っていたので、先読みの力の差かもしれません(^^;)
情けは人のためならず。

のほうが、誕生日は後なんですけどね。

今日は、大じいちゃん(98歳)のお家に親戚一同が集まる楽しい会です。
小4のを筆頭に、下は1歳まで、7人の子供たちが集まるのでとても賑やか。
また今年もみんながそろってこの日を迎えられたことに感謝感謝です。
そして、こんなに賑やかで、1年で一番のごちそうをいただける日に誕生日のかーたんは本当に幸せモノです。

おおじいちゃんは顔色もよく食欲もばっちり!(出てくる料理がおいしいからなあ~)
将棋になると急に眼光が鋭くなるところは変わりなく。
今日は初めてが相手をしてもらったのですが、90歳差の2人が将棋を真剣にさしている姿に感動しちゃいました。
結果は98歳大じいちゃん勝利!

プロの方は加藤一二三プロに14歳の藤井プロが勝利していましたが、わが家はまだのようです(^^;)。
悔し泣きしていた
感想戦までさせてもらって、とてもいい時間をいただいてました。
ありがとうございます!
きっと今日のことは忘れないね。

2人は、かーたんのいとこRくん(大学院生)にも将棋の相手をしてもらい(勝負というより指導)、2人それぞれ、負けからいろんなことを学んだことでしょう。
来年は忙しいので帰省できないかも・・・と言っていましたが、是非、再戦したい!と意気込む2人です。
(なので、帰ってきてくれたら嬉しい!)

逆に2人は、小さい子の面倒を全然みていなかったので、申し訳なかったと思います。・・・・
来年はいろんな面で成長した姿を見せて欲しいです。

今年がいつもと違ったところは、大人たちみんなが、ラインを始めていたこと(おおじいちゃん、子どもたちは除く)。
グループ設定をすれば、撮った写真などをすぐに共有して見れる!!
すごい! 便利!
(ちなみにかーたんは、今日アルバム機能なるものを初めて使いました。
じいじが、よくアルバムにいれた、とかラインにのせてるから何かな?と思っていたのですが、かーたん70代に負けてました(^^;)。)

いつも飲んでもそんなに酔うことないとーたんですが、今日は本当に楽しそうに酔っぱらっていて、家族みんなで楽しませていただきました!
来年もみんなそろって、参加できますように・・(^^)



テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2017/01/02 23:53 ] l この記事を印刷 | とーたんオススメ絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
あけましておめでとうございます 2017
あけましておめでとうございます 

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

酉年のトリは、「鶏」
文、武、勇、仁、信という「五徳」を持つといわれて・・・
・・・といっても、ムスコ達は早起きして時を告げる、卵をいっぱい産んでくれる、みたいなイメージしかないようで。

そういえば、ニワトリのでてくる絵本って、どんなのあったけ?
思いだそうとするのですが、なかなか。
意外にニワトリの出てくる絵本って紹介してないですね。

ヒヨコはねえ、結構出てくるんですけど。
ニワトリ・・・コケコッコーさんシリーズは結構読んでるかな。
あとは

「コケコッコー」
350_Ehon_80885.jpg

「おしゃべりなたまごやき」
350_ehon013.jpg

「ブレーメンのおんがくたい」
350_ehon16531.jpg

「うさぎとおんどりとキツネ」
350_Ehon_13938.jpg

・・・次回図書館に行った時には、ニワトリ絵本を借りてくることにします。

1/1のO&J
今日はとーたんの実家にごあいさつに行きました。
お正月になるととーたんの弟Yさんが帰省してきます。

2年前、Yさんに雪遊してもらったのがたいそう楽しかったようで、今年もこの日を楽しみにしていた2人。
ところが、雪はこれっぽっちもなく・・・あいにくの雨。
がっかりして、家の中でおせちをいただいたり、ピアノをひいたり、テレビを見たりしていましたが・・・

2人の願いが届いたのか、1時間ほどで太陽が!
喜んで庭に飛び出していきました。
サッカーしたり、Yさんのゴルフクラブを触らせてもらったりしていたようです。
車で大阪から帰ってきたというのに、Yさん、本当にありがとうございます。

ちなみにかーたんは、おせち係(家の中でおせちを食べているだけ)でした。
一年の計は元旦にあり。
今年も丸々増えていく一方なのか・・・(--)

1/2のO&J
誕生日です。朝起きると、から随分手の込んだ手作り人形劇シートをもらいました。
からは、メッセージが書かれた紙ひこうき。
だいぶ、手のかけようが違いますが、もちろん、どちらも嬉しいです。

凝り性のの性格もありますが、
「誕生日プレゼントあげたから、ぼくの時もすごいのお願いね。」
と言っていたので、先読みの力の差かもしれません(^^;)
のほうが、誕生日は後なんですけどね。

今日は、大じいちゃん(98歳)のお家に親戚一同が集まる楽しい会です。
小4のを筆頭に、下は1歳まで、7人の子供たちが集まるのでとても賑やか。
また今年もみんながそろってこの日を迎えられたことに感謝感謝です。
そして、こんなに賑やかで、1年で一番のごちそうをいただける日に誕生日のかーたんは本当に幸せモノです。

おおじいちゃんは顔色もよく食欲もばっちり!(出てくる料理がおいしいからなあ~)
将棋になると急に眼光が鋭くなるところは変わりなく。
今日は初めてが相手をしてもらったのですが、90歳差の2人が将棋を真剣にさしている姿に感動しちゃいました。
結果は98歳大じいちゃん勝利!

プロの方は加藤一二三プロに14歳の藤井プロが勝利していましたが、わが家はまだのようです(^^;)。
悔し泣きしていた
感想戦までさせてもらって、とてもいい時間をいただいてました。
ありがとうございます!
きっと今日のことは忘れないね。

2人は、かーたんのいとこRくん(大学院生)にも将棋の相手をしてもらい(勝負というより指導)、2人それぞれ、負けからいろんなことを学んだことでしょう。
来年は忙しいので帰省できないかも・・・と言っていましたが、是非、再戦したい!と意気込む2人です。
(なので、帰ってきてくれたら嬉しい!)

逆に2人は、小さい子の面倒を全然みていなかったので、申し訳なかったと思います。・・・・
来年はいろんな面で成長した姿を見せて欲しいです。

今年がいつもと違ったところは、大人たちみんなが、ラインを始めていたこと(おおじいちゃん、子どもたちは除く)。
グループ設定をすれば、撮った写真などをすぐに共有して見れる!!
すごい! 便利!
(ちなみにかーたんは、今日アルバム機能なるものを初めて使いました。
じいじが、よくアルバムにいれた、とかラインにのせてるから何かな?と思っていたのですが、かーたん70代に負けてました(^^;)。)

いつも飲んでもそんなに酔うことないとーたんですが、今日は本当に楽しそうに酔っぱらっていて、家族みんなで楽しませていただきました!
来年もみんなそろって、参加できますように・・(^^)


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2017/01/01 15:40 ] l この記事を印刷 | 季節のイベント絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
サンタクロースのおくりもの
サンタクロースのおくりもの 
サンタクロースのおくりもの
E・クラークさく J・オームロッドえ
1994年 金の星社

クリスマスイブの寒い夜。
年老いたロバはひとりぼっちで凍った草地をさまよっていた。
だれも祝ってくれないさみしさに、鳴き声をあげると、遠くから鈴の音が聞こえてきました。
そう、サンタクロースがやってきたのです。

ロバに贈られた、すてきなクリスマスプレゼントとは?


サンタさんが赤い服じゃなかったことと、プレゼントが家の前に置かれていることに、すごく疑問を持った。世界にはいろいろなサンタさんがいるということでひとつ。

そして
ロバさんが一緒に住むことになった、おうちには、なんと男の子が4人。
正直、そんな酷な環境に!と思ったのは私だけではないはず。
特に男の子のお母さん方!

物語では、男の達は元気だけど優しい子たちのようで、その心配は杞憂のようです(^^;)
けがが治ったロバさんはゆったり過ごしている様子でした。
お幸せに・・・(^^)

12/23のO&J
Aちゃん(祖母)のドラマティック・リーディングのクリスマス発表会がありました。
今回はかーたんは行けなかったのですが、子どもたちが見に行きました。

「ともだちシリーズ」を長く続けていたAちゃんですが(他の演目もしますが、ここぞというときの十八番)、今回は新作「サンタおじさんのいねむり」。
でも、やっぱりキツネ役。
まあ、キツネっぽいといえば、そうなのですが。
クリスマスらしいほのぼしたお話です。

他にも
マーカス・フィスター「にじいろのさかな」
アンデルセン「おやゆびひめ」
あまんきみこ「おにたのぼうし」
斎藤隆介「モチモチの木」
椋 鳩十「大造じいさんとガン」

どれも名作ですが、「大造じいさんとガン」は特に、見てみたかったです。

1部と2部の間には、出演者だけでなく子供たち観客のみんなで「外郎売」にも挑戦したそうです。
1番前の真ん中で見ていたという子どもたちは、大きな声でみんなをひっぱっていた、とのことで(アンケートに書いてくださった方もいたとか)、大?活躍だったようです。
こういうのをパッと覚えて、言える子供たちの柔らかさは羨ましい限りです。


12/24のO&J
クリスマスイブです。サンタさんをお迎えするための準備に余念がない2人です。
特に
「おかあさん、牛乳忘れないでよ。クッキーは準備してある?」
朝から何度言われたことか!

何種類かあるクッキーの中から、二枚をチョイスし、包装のまま皿に出したら、
「食べやすいように出しておいたほうがいいんじゃないの。」
と言われ、
「寒いから、カイロおいておいて!」
「牛乳より、あったかいココアの方がいいんじゃない?」
という要望は
「いつ来るかわからないから、冷めちゃうよ・・・」
と言って納得させましたが。

次々出てくる気遣いに、ちょっと感動しちゃいました。
(この辺はにはない心配りなんですよね。
は優しいんだけど、基本気がつかないタイプなので。)

せっせと書いたメッセージカードには
「おつかれさまです」
の文字が。
それ、疲れて帰ってきたかーたんにも言って・・・

はどうやってサンタさんが窓のカギを開けるのか、ということに頭を割いていて、
「万能の鍵をもっているんじゃないか」
、とか
「家の中のお手伝いサンタ(飾りのサンタが動く)が開け閉めしている」
のだとか、真面目に考えていました(^^;)

いつも寝る時間になってもなかなか寝付けない2人。
「緊張してねむれないよ~。こんな時に限ってちんちんが痒い~~~。」
とおかしな言動を始めは、何度もリビングやってきて、手紙の位置を直したり、サンタさんの通り道になるだろう場所に邪魔なものがないか確認したり。
ほんとにかわいらしい姿を見れて、かーたんたちもほっこりしました。
現在小学4年生と2年生。
いつまでサンタさんが来てくれるか分からないので、かーたんもこの時間を楽しむことにします。

12/25のO&J
「おかあさん! 早く来て!」
早朝5時。
はい、分かってます。
サンタさんのプレゼントがあったんですね?

きけば、なんとは夜中の1時に起きて、を起こそうとしたらしいです。
早すぎでしょ(^^;)(というかまだ夜、です。サンタさん、ニアミスですよ、それ。)

大喜びするを横目に、表情が曇ってる・・・
あれ? ・・・・
どうやら、思っていたものと違っていたようです・・・・

そ、そんな・・・

実はは、部屋に飾ってあるタペストリーの中のサンタさんに、しつこいくらいにカタログを見せて、欲しいものをお願いしていたのです。
一方のは、手紙を書くでもなく、熱心にお願いするでもなく、聞かれれば、
「レゴのフェラーリがいい。」
という程度でした。
もうサンタさん信じてないのかな?と思ったくらい、あっさりしていました。
それなのに! 涙ぐんでる!
どうやら思っていたシリーズと違ったようなのです。

も、もしかして、逆?
サンタさん信じてないんじゃなくて、信じすぎてる?
サンタさんて、思っただけで欲しいものが用意できると思っていた!?

しばらくすれば、気を取り直し、楽しそうに遊んでいましたが、かなり衝撃の事実を知ったかーたん&とーたんでした。
来年からはしっかり、サンタさんにお手紙を書くことでしょう(^^;)


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2016/12/23 23:40 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ 
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ

クレメント・クラーク・ムーア 詩 アンジェラ・バレットえ
2012年 BL出版

クリスマスイヴの夜。
家じゅうが静まり返ったころ、カタンどこかで音がしました。
お父さんが急いで起きてみると、えんとつから現れたのは、真っ白いひげのおじさんでした・・・


1882年にクレメント・クラーク・ムーアが子供たちに書いた「A Visit from St.Nicoles」。
翌年「The Night Before Christmas」として発表され、世界中に広がりました。

煙突から出てくるサンタさんは、ぽっちゃりぷっくり。
上等の毛皮でできた白い服を着て、パイプをくわえています。
そのお顔にはえくぼがあり、目がきらきらして、ほほはバラ色。
太ったおじさんであるのに、子供のようでもあります。

いろいろなサンタさんの絵本がありますが、この絵本を見ていると、サンタはまさにこんな姿なのだろうと思えてきます。
絵がとても繊細で美しいせいもありますが、まさに遠い世界に住むサンタクロースらしい容貌です。

絵も本当に美しいです。
しずかな雪景色、澄んだ空からさっそうと降りてくるトナカイとそり。
美し調度品がそろったリビングに降り立つサンタクロース。
落ち着いているのに、鮮やか。
そんな絵に目が釘付けになります。
1ページ、1ページが絵画を見ているみたいです。

こんなサンタクロースに会えたお父さんが羨ましい!

とは、
「本物のサンタクロースって結局どんな姿なのかな?」
「服は白いの?赤いの?」
「太っていて白いひげは間違いなさそうだよね」
「背は小さいのかな、大きいのかな? ぼくは大きいと思うよ。たくさんおもちゃを運ばんなんし・・・。」
といろいろ想像して楽しみました。
子供の想像力を刺激してくれる1冊となりました。

12/10のO&J
サイエンスヒルズ小松に行ってきました。
宮沢賢治生誕120周年ということで、「銀河鉄道の夜」にまつわるクイズラリーをやっていて、2人は大張りきり。
以前なら、後ろにくっついていかないと行けなかったけれど、最近は2人で回ってくれるので、かーたんは好きなところを回れて、本当に楽になりました。

かーたんはそこに置いてあった「銀河鉄道の夜」を久し振りに熟読しちゃいました。
2人はまだ「銀河鉄道の夜」は読んでいないようですが、いつか読んだ感想を聞きたいものです。

12/13のO&J
今日はが漢字、計算のミニテストを持って帰ってきました。
結果は・・・両方金シール!(詳細は12/8の記事)

おお! プレッシャーに打ち勝ち、見事のそろえてきました。
いつもの字とは比べられないほどのキレイな漢字に、彼の意気込みが伝わってきました。
すごい、尊敬するよ。。。(決して難しい問題はないのですが)

すまし顔しとるけど、もがんばったね!

12/16のO&J
スキー用のヘルメットを買いに行ってきました。
二つお店を回り、は見るなりに「これ!」と一目ぼれしたオレンジ+虹色のもの、は蛍光黄色の大人用のものを買いました。
大人用は大きめなのですが、ジュニア用だとすぐにかぶれなくなりそうだったので、イイお値段でしたが奮発しました。
頭を守るものだしね。

帰ると、早速かぶる2人。
別の遊びをする時もずっとかぶったまま。
さすがに食事もそのまま食べそうになっていたのは止めました(^^;)

一向に雪が降る気配はないけれど、使える日が楽しみだね。
(というか、すでに満足そうなので、このままでも・・・・雪降ると通勤大変だし・・・・)


12/18のO&J
ぼうずめくりをしました。
これこそ、運だよりのゲームだと思うのですが、負けず嫌いのはこれも負けることを許しません。

坊主が出れば怒り、天皇がでれば大喜びです。
誰よりも楽しんでいるといえますが、暴言もするので困りものです。

その中で思わず笑ってしまった、ぼうずをめくってしまった時の一言。
「もっとしっかり髪のばせ!」

・・・無理では?


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2016/12/10 08:15 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。