スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:-- ] l この記事を印刷 | スポンサー広告
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ 
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ

クレメント・クラーク・ムーア 詩 アンジェラ・バレットえ
2012年 BL出版

クリスマスイヴの夜。
家じゅうが静まり返ったころ、カタンどこかで音がしました。
お父さんが急いで起きてみると、えんとつから現れたのは、真っ白いひげのおじさんでした・・・


1882年にクレメント・クラーク・ムーアが子供たちに書いた「A Visit from St.Nicoles」。
翌年「The Night Before Christmas」として発表され、世界中に広がりました。

煙突から出てくるサンタさんは、ぽっちゃりぷっくり。
上等の毛皮でできた白い服を着て、パイプをくわえています。
そのお顔にはえくぼがあり、目がきらきらして、ほほはバラ色。
太ったおじさんであるのに、子供のようでもあります。

いろいろなサンタさんの絵本がありますが、この絵本を見ていると、サンタはまさにこんな姿なのだろうと思えてきます。
絵がとても繊細で美しいせいもありますが、まさに遠い世界に住むサンタクロースらしい容貌です。

絵も本当に美しいです。
しずかな雪景色、澄んだ空からさっそうと降りてくるトナカイとそり。
美し調度品がそろったリビングに降り立つサンタクロース。
落ち着いているのに、鮮やか。
そんな絵に目が釘付けになります。
1ページ、1ページが絵画を見ているみたいです。

こんなサンタクロースに会えたお父さんが羨ましい!

とは、
「本物のサンタクロースって結局どんな姿なのかな?」
「服は白いの?赤いの?」
「太っていて白いひげは間違いなさそうだよね」
「背は小さいのかな、大きいのかな? ぼくは大きいと思うよ。たくさんおもちゃを運ばんなんし・・・。」
といろいろ想像して楽しみました。
子供の想像力を刺激してくれる1冊となりました。

12/10のO&J
サイエンスヒルズ小松に行ってきました。
宮沢賢治生誕120周年ということで、「銀河鉄道の夜」にまつわるクイズラリーをやっていて、2人は大張りきり。
以前なら、後ろにくっついていかないと行けなかったけれど、最近は2人で回ってくれるので、かーたんは好きなところを回れて、本当に楽になりました。

かーたんはそこに置いてあった「銀河鉄道の夜」を久し振りに熟読しちゃいました。
2人はまだ「銀河鉄道の夜」は読んでいないようですが、いつか読んだ感想を聞きたいものです。

12/13のO&J
今日はが漢字、計算のミニテストを持って帰ってきました。
結果は・・・両方金シール!(詳細は12/8の記事)

おお! プレッシャーに打ち勝ち、見事のそろえてきました。
いつもの字とは比べられないほどのキレイな漢字に、彼の意気込みが伝わってきました。
すごい、尊敬するよ。。。(決して難しい問題はないのですが)

すまし顔しとるけど、もがんばったね!

12/16のO&J
スキー用のヘルメットを買いに行ってきました。
二つお店を回り、は見るなりに「これ!」と一目ぼれしたオレンジ+虹色のもの、は蛍光黄色の大人用のものを買いました。
大人用は大きめなのですが、ジュニア用だとすぐにかぶれなくなりそうだったので、イイお値段でしたが奮発しました。
頭を守るものだしね。

帰ると、早速かぶる2人。
別の遊びをする時もずっとかぶったまま。
さすがに食事もそのまま食べそうになっていたのは止めました(^^;)

一向に雪が降る気配はないけれど、使える日が楽しみだね。
(というか、すでに満足そうなので、このままでも・・・・雪降ると通勤大変だし・・・・)


12/18のO&J
ぼうずめくりをしました。
これこそ、運だよりのゲームだと思うのですが、負けず嫌いのはこれも負けることを許しません。

坊主が出れば怒り、天皇がでれば大喜びです。
誰よりも楽しんでいるといえますが、暴言もするので困りものです。

その中で思わず笑ってしまった、ぼうずをめくってしまった時の一言。
「もっとしっかり髪のばせ!」

・・・無理では?


スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2016/12/10 08:15 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
おやすみなさいサンタクロース
おやすみなさいサンタクロース 
おやすみなさいサンタクロース

舟崎 克彦さく 小沢摩純え
1990年 理論社

サンタクロースはまよっていました。
何百年も子供たちにプレゼントを贈り続けてきましたが、このごろの子供はおもちゃやお菓子なんかでは喜んでくれません。
どんな子供たちにも喜ばれて、この世で一番たいせつなもの。。。
それはいったいなんでしょう?


ちょっと自分の仕事に疑問を持ってしまったサンタさんのお話。
自分も仕事をしていればそういうことはありますが、サンタさんだと、世界を巻き込んで大変な事態になっちゃいますね?

サンタさんの「最高のプレゼント」は地球!
大きなリボンを地球にかけていく様子は愛らしく、そしてスケールは大きいですが・・・
お菓子もおもちゃも大好きな子供たちは、納得いかない顔(^^;)
いきなり「地球」がプレゼント、と言われても、実感がわかなかったようです。

大丈夫ですよ、サンタさん!
今の子だって、おもちゃもお菓子も大歓迎です!
もちろん、地球がとっても大切なものだってことは伝えますから、ね?

11/23のO&J
Aちゃん(祖母)、かーたんの影響もあり、さだまさしさんのCDをよく聞きたがる
ベスト3枚組のCDを順番に聞いていたのですが、CDジャケットを見てが突然
「あんさんこってなに?」

・・・あんさんこ??
それはもしかして・・・案山子?
ついでに「胡桃」も読めませんでした。
漢字の勉強にもなるな~~、さだまさし(^^;)。

実はこういうのは、ちょこちょこあって、もこの間、
「かきね、ってなに?」
って聞いていました。

「え、垣根知らない? ほら家の周りの柵。」
と言いながら、思い出そうとしても、確かにこの辺には垣根はない・・・・。
コンクリート塀が最近は一般的ですもんねえ。
そっか・・・垣根、見たことないのか・・・とおどろきました。

で、思い出したのが、「サザエさん」の裏のおじいちゃん家!
ほら、家の周りを植物とか木が囲ってるでしょ?
といえば、
「あ~~~。」
って納得してました。

一見は百聞にしかず、だね!
(これも先日わからなかった)

11/30のO&J
干し柿をいただきました。
紐にぶら下がっているやつです。

箱に入って売られているものや写真や絵は絵本「2本の柿の木」「 」などで見たことがありましたが、本物を見るのは初めてだった2人。
「まんべんなく乾くように、位置をかえるといいげんよ」
といそいそと並べ替える
部屋の中だとあまり変わらなさそうだけど、ほほえましい(^^)。
「はやく食べたいな~。」
とわくわくしているし。

かーたんは、干し柿が軒下にば~~~っとつるされている光景は懐かしく美しいと思うのですが、正直なところ干し柿の味と触感は苦手でして、食べようとは・・・って感じです。て、味や触感にうるさいの口に合うのでしょうか?

12/4のO&J
今日からスイミングの時間を1時間早めることになりました。
申請に行ったら、時間の変更は初めてですね、と言われて。
そういえば、6年間同じ時間に通ってたんですね・・・・

最初は時間変更に渋っていた2人でしたが、先生が面白かったのも良かったのが、
「楽しかったよ! この時間でいい!」
と概ね好評でした。

この時間だと、いとこの2人も一緒だし、心強いね!


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2016/11/23 15:40 ] l この記事を印刷 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
サンタおじさんのいねむり
サンタおじさんのいねむり 
サンタおじさんのいねむり

ルイーズ・ファチオ さく 柿本 幸造 え
偕成社

クリスマスイブの夜・・・
プレゼントを配りに出かけたサンタさん。

途中でちょっと一休み・・・のはずがサンドイッチを食べて、眠ってしまいます。
気持ちよさそうに眠るサンタさんを見た森の動物たちは・・・


ちょっとのんびりやのサンタさんと動物たちのクリスマスイブ。
このサンタさんの奥さんは、出かける前、まさにこれを心配していたのですが、心配通りになっちゃいました。
これを読んだ子供達はちょっと心配そう(^^;)
12/24はソワソワしちゃいますね。
・・・・私がサンタの奥さんなら、尻叩きについていっちゃうかもね!

ムスコ達は、ほんとのサンタさんはどうか?
自分たちがもしサンタクロースだったらどうか?
と盛り上がっていました。

動物たちから逆にプレゼントをもらったサンタさん。
来年は動物さん達にもプレゼントがいりそうだね!

11/13のO&J
今日は空手の昇級試験。
見に行ってくれたじいじ曰く、2人とも試合の時よりも良かった!そうです。
緊張しない、といっていましたしね。

帰ってきた来た2人はご機嫌で、自己アレンジ形を披露してくれました。
もともとはよくこれをやっていて、自分のカッコイイと思うポーズをいっぱいつなげてやっているのです。
「平安くん!」
とか名前をつけて。
それこそ、本当の形よりもカッコイイ(あくまでも素人の意見です。形ひとつひとつに意味がある、とは分かっていても詳細が分からないので見栄えする、という意味での)時もあります。

めずらしくがそれをやるというので楽しみにしていたのですが。
確かにともちがっていて、これはこれで面白い。
面白いのですが・・・なんというか挙動不審?

同じように空手を習って、同じように形を練習しているはずなのに、不思議ですね。

11/15のO&J
今日は、「もし○○がサンタだったら・・・・」話で盛り上がりました。

たとえば、がサンタクロースだったら・・・
「途中で休憩をはさみすぎて、最後に、あと一時間しかない!ってあせりそう。」
「そうそう、あわてていくつかプレゼントを落して、足りない!ってパニックになりそう」
「そもそもプレゼントの数を計算間違いして、プレゼントが足りないか、めっちゃあまりそう。」(はよく、ケタで間違える・・・)
「ああ~・・・10倍の量用意して、ソリが壊れたりとかね。」
こんなサンタさん困る・・・

もしだったら・・・・
「いけいけ~~~! ってトナカイを走らせて、鈴の音がうるさすぎて苦情電話がかかりそう。」
「動物協会からも抗議の電話がくるかも。」 
「で、途中で疲れて、き~~~!ってなって、適当にプレゼントいれそう。男の子に人形とか。」
やんちゃなサンタだなあ~。

こうやって話をしていたら
「おかあさん、もっといいこと言ってよ~~!」
って怒られました。
いや、普段の2人を見てたら、あんまりいいサンタを予想できなくてさ・・・(^^;)

いいこと・・・って考えて最初に思いついたことを
「じゃあ、じゃあ、2人がサンタさんだったら、お母さんのこと大好きだから、お母さんにいっぱいプレゼント置いて行ってくれるんじゃない?」
とウキウキと言ってみたら、
「いや、そんなにお母さんとこと好きじゃないし、それはないかな。」
と真顔で否定されました。
が・・・ん・・・そんなに好きじゃないんだ・・
・かーたん最近に嫌われるようなことしましたっけ?

楽しい話のはずが、大きなダメージを受けたかーたんなのでした(^^;)


11/20のO&J
今日、お昼寝をしたら、すごくリアルで怖い夢を見ました。
日曜日に家族で家にいるところから始まるのですが、それが昼寝する前と同じ状況。
そして、動物園に行くことになりました。

車で向かっていると、なぜか道路には3階建ビルくらいの茶色いウサギが信号待ちをしています。
邪魔だな~、とか思いながら、横に停止したわが家の車。
その時点でおかしいと思わないといけないのですが、そのまま動物園へ。

すると、中はバタバタしていて、白衣を着た職員やお客さんがあわてて玄関のほうにやってきます。
その後ろから、人の3倍はある黄色いインコがヨチヨチついて行っているし、なにやら様子がおかしいことに、ようやく夢の中のわが家も気付きます。

聞けば、動物たちが大きくなって逃げ出し、今日はもうおしまいだといいます。
そして、わが家も帰ろうとしたその時!
赤青黄色、緑など原色でしましまのあの動物がぬた~~~~とこっちに這ってくるではありませんか!!

・・・・・!!

ここで、目が覚めました。
夢見悪すぎる・・・!

その後、家族に夢の話をしたら、石川動物園でトキが一般公開されたとニュースになっていたよ、とのこと。
何かの暗示? 動物園に行けということ? それとも逆?
偶然でしょうが・・・昼寝をしたのにとっても疲れたかーたんでした。



テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2016/11/15 20:33 ] l この記事を印刷 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
サンタさんのトナカイ
サンタさんのトナカイ 
サンタさんのトナカイ

ジャン・ブレットさく さいごうようこ え
2013年 徳間書店

エルフの女の子ティーカは、サンタさんから大切なしごとをたのまれました。
クリスマスイブまでにトナカイを集めて、そりをひけるよう訓練するのです。

ティーカははりきりました。
必死に8頭のトナカイを集め、おこったり叱ったり・・・
ところが、なかなかトナカイは言うことを聞いてくれません。
ティーカは途方に暮れてしまい・・・!?


クリスマスイブまでにそりをひけるように奮闘する、女の子とトナカイたちのかかわりを描いた絵本。
とにかく、鮮やかで美しい絵が目をひきます。

各ページの4分の1ほどの余白には、エルフたちがプレゼントを作る様子を日を追って描かれており、そこも見どころの一つ。
は、そちらも大いに気になったようで、クッキー、人形、電車、毛糸の帽子など、プレゼントをそれぞれ吟味しわくわくしていました。

ティーカやトナカイの服、そりや建物、そして雪景色。
どれをとっても美しく細緻に描かれ見ごたえのある1冊です。

11/8のO&J
2学期から音楽委員会に入っている
12月の集会で「ありがとうの花」を音楽委員が伴奏し、みんなで歌うことになり、練習しています。

かなり熱心に練習していて(普段のピアノの練習に比べると、ですが)、張り切っているのがわかります。
歌いながら弾いているのですが、あいかわらずの音痴は仕方ないとして、ずいぶん楽しそうです。
本番はみなを惑わせないようにがんばって~(^^)/

11/9のO&J
男子小学生がうんち、ちんちんなどの下ネタ大好きなのはいつものことで、いつも適当に流しているのですが、今日思わず噴き出した話をひとつ。

「今日サッカーやっとってさ~、ちんこりんぐしてさ~。」
チンコリング?
「ああ、センタリングは頭であわすやろ? チンコリングはセンタリングがちんちんに当たることや。」(^^)
いい発見した! みたいなドヤ顔で言われました・・・・

どこに当たろうと、センタリングはセンタリング!
思わずつっこんでしまったかーたんでした。

11/11のO&J
小2ののクラスには、授業中にさわぐ子供たちがいて、よくけんかになるらしい。
もともとけんかしてなくても、まわりの子で、つい入っていってしまう子たちもいるために(止めようとしてミイラとりがミイラになる場合もある)、たびたび授業が中断するみたい。

1学期も問題になっていたみたいなんだけど、もともとはスルーできるタイプなので、そう困ってはいなかったみたい。
手が早い子の隣になった時は、たたかれるから嫌なんだよね~って言ってはいたけれど、それ以上の苦情はなく、むしろ

「ケンカの仲裁のために授業がストップするのが困る・・・」
と言っていました。

で、今日。

「早く席がえしたいな~。」
おやおや? めずらしい。
もしかして大変な席? またお隣さん?

「いや、ぼくは真ん中のブロックで ○○くん、××さん、△△ちゃんと一緒だから、それはいいんだけどね。」
うん、わりと仲のよい子たちで集まってるみたい。

では、なんで席替え?
「だって、ケンカする2人の真ん中に、ぼくたちが座っているんだよね。僕たち越しに、けんかするからうるさくて。」
どうやら、けんかになる2人の間に、そこに入っていかない子供たちを真ん中に入れて分断作戦に出たらしい。

先生の気持ちはわかる。
混ざっていかない子を間に置いとけば、それ以上は飛び火しない・・・はず。
たしかにそうなんだけど・・・

まあ、がんばって乗り越えてください。
人生、こういうこともあるからさ。




テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2016/11/08 23:32 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
クリスマスツリーの12か月
クリスマスツリーの12か月 
クリスマスツリーの12か月

エレン・ブライアン・オベッドさく アン・ハンターえ
2010年 講談社

クリスマスツリー農園で大切に育てられているクリスマスツリー(もみの木)。
12月には人間がやってきて、ツリーを切ってそりに似乗せて運んでいく。
では、1月から11月のツリーはどうしているのでしょう?

1月にクリスマスツリーが一番好きなのは・・?
2月にクリスマスツリーが一番好きなのは・・?


クリスマスツリーって、クリスマス以外はどうしてるの?
そんな素朴な疑問が1冊の絵本になりました。
森の中にたたずむもみの木の1年を静かに描いてあります。

クリスマスツリーは12月にはキラキラと飾られて、みんなに注目されているけれど、普段は森の木の一つ、なんですよね。
当たり前なんだけど、あたりまえじゃなく思っていたな、と。

根も葉も芽も、動物や鳥の大切な食べ物であったり、すみかであったり。
読んでいると、ほとんど食べられてばかりで、かわいそうにもなってきますが・・・(^^;)
それでも逞しく育ち、緑の葉をあおあおと茂らせるクリスマスツリーの逞しさに感心します。

我が家は狭いので、ウォールツリーですが、本物のもみの木もどこかで見ることが出来るかな?

10/30のO&J
明日ハロウィーンの今日、クリスマスのかざりつけをしました~~!
11月の前半がかなり忙しそうな事と、ハロウィーングッズを今年まったく用意しなかったので。

今年は
が「ぼくが全部一人でやる!」
と宣言してくれたおかげで、とっても楽。
ウォールステッカーも上手に配置して飾ってくれました。

10年以上も使っているツリーのタペストリーには、サンタクロースの絵が入っていて、これを飾ると、魔法の言葉が効くように!(^^)
そう、
「そんなことすると(言うと)・・・サンタメモに書かれるね~!」
毎年この時期恒例の脅し育児です。ハイ。
特には効果てきめんです。

この時期一生懸命いい子になろうとする
できるのなら、いつもやって~~~。

11/5のO&J
明日は小学校のバザーです。
かーたんは、一昨年味噌こんにゃく、昨年水風船、今年はカレー班!

今日は明日のための仕込みです。
なんとなく流れでたまねぎ係になったかーたん&
はたまねぎの皮むき、かーたんはスライス切りを担当しました。

簡単に言いましたが、これ、大変!
なんせすごい量ですので(たまねぎだけで100個以上!)、まずは涙との格闘です。
コンタクトレンズをつけているとあまり涙が出ないかーたんですが、さすがの量に、目が痛い・・・・
他のお母さんやはぽろぽろ泣いていました。
が。
これも10個を過ぎてくると、だんだん慣れてくるのか涙も出なくなり、目も痛くなくなります。
体中がタマネギ臭くなって、それにも慣れて、もうタマネギマシーンとなった頃に終了。

気がついたら右手に豆ができていました・・・(><)
学校の切れない包丁をにぎりつづけた名誉の負傷?です。
は他にも、食器洗いやみそこんにゃくのくし刺しなども手伝って、お母さん方に褒められてました。
ホントに助かったよ、ありがとう!

明日はおいしいカレーができるといいなあ~
(しかし肝心のムスコ2人は大会があって来れないのであった・・・・残念)
お風呂に入るまで、体が玉ねぎくさかったかーたんでした。

11/6のO&J
今日のかーたんは、昨日に引き続きカレー班(学校のバザー)です。
朝から仕込みに入り、寸胴に3つ分のカレーを作りました。
う~ん、壮観。
小学校の給食作ってる人達ってもっとすごい量を作ってるんですよね?
すごい!

食堂は11時に開店。
するやいなや、途切れることなく続く、カレーの列!

寒かったせいか、嬉しい悲鳴です。出るわ出るわ、当初の予定よりも出そうなので、さらにご飯を炊くなどの対応に追われます。
あっという間に1時間が過ぎ、やっと列も落ち着いてきた頃、かーたんはここで退出。
忙しすぎて、感想もなにもきけなかったので、明日ムスコ達に聞いてもらおう。

すぐにタクシーにのって、空手の会場に向かいます
とーたんからの速報では、形は1回勝ち、は1回戦で負け、泣いているとのこと。
午後の組み手に向けて、気持ちを切り替えられていればよいのですが・・・

会場に着くと、2人はワイワイ組み手の練習中。
「かーたんがいないから・・・!」
はすねてはいましたが(こんなこと言ってくれるのは今だけなんだろうなあ~)、笑顔も見られ、気を取り直しているようでした。人生塞翁が馬、だよ。

組み手の結果はは1回勝ち、は優勝。
の2回戦の相手は春の大会でも戦って負けた相手だったのですが、前回は30秒ほどしかもたなかったけど、今回は時間ぎりぎりまで粘ってました。
2人ともよくがんばりました。
お疲れ様でした!

11/7のO&J
カレーどうやったかな~?
と聞いてみたら、
「おいしかった!って言ってたよ」
とのこと。良かった~~~。

来年は2人とも来れるといいんだけどね(^^)


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2016/10/30 23:26 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。