スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:-- ] l この記事を印刷 | スポンサー広告
サンタクロースのおくりもの
サンタクロースのおくりもの 
サンタクロースのおくりもの
E・クラークさく J・オームロッドえ
1994年 金の星社

クリスマスイブの寒い夜。
年老いたロバはひとりぼっちで凍った草地をさまよっていた。
だれも祝ってくれないさみしさに、鳴き声をあげると、遠くから鈴の音が聞こえてきました。
そう、サンタクロースがやってきたのです。

ロバに贈られた、すてきなクリスマスプレゼントとは?


サンタさんが赤い服じゃなかったことと、プレゼントが家の前に置かれていることに、すごく疑問を持った。世界にはいろいろなサンタさんがいるということでひとつ。

そして
ロバさんが一緒に住むことになった、おうちには、なんと男の子が4人。
正直、そんな酷な環境に!と思ったのは私だけではないはず。
特に男の子のお母さん方!

物語では、男の達は元気だけど優しい子たちのようで、その心配は杞憂のようです(^^;)
けがが治ったロバさんはゆったり過ごしている様子でした。
お幸せに・・・(^^)

12/23のO&J
Aちゃん(祖母)のドラマティック・リーディングのクリスマス発表会がありました。
今回はかーたんは行けなかったのですが、子どもたちが見に行きました。

「ともだちシリーズ」を長く続けていたAちゃんですが(他の演目もしますが、ここぞというときの十八番)、今回は新作「サンタおじさんのいねむり」。
でも、やっぱりキツネ役。
まあ、キツネっぽいといえば、そうなのですが。
クリスマスらしいほのぼしたお話です。

他にも
マーカス・フィスター「にじいろのさかな」
アンデルセン「おやゆびひめ」
あまんきみこ「おにたのぼうし」
斎藤隆介「モチモチの木」
椋 鳩十「大造じいさんとガン」

どれも名作ですが、「大造じいさんとガン」は特に、見てみたかったです。

1部と2部の間には、出演者だけでなく子供たち観客のみんなで「外郎売」にも挑戦したそうです。
1番前の真ん中で見ていたという子どもたちは、大きな声でみんなをひっぱっていた、とのことで(アンケートに書いてくださった方もいたとか)、大?活躍だったようです。
こういうのをパッと覚えて、言える子供たちの柔らかさは羨ましい限りです。


12/24のO&J
クリスマスイブです。サンタさんをお迎えするための準備に余念がない2人です。
特に
「おかあさん、牛乳忘れないでよ。クッキーは準備してある?」
朝から何度言われたことか!

何種類かあるクッキーの中から、二枚をチョイスし、包装のまま皿に出したら、
「食べやすいように出しておいたほうがいいんじゃないの。」
と言われ、
「寒いから、カイロおいておいて!」
「牛乳より、あったかいココアの方がいいんじゃない?」
という要望は
「いつ来るかわからないから、冷めちゃうよ・・・」
と言って納得させましたが。

次々出てくる気遣いに、ちょっと感動しちゃいました。
(この辺はにはない心配りなんですよね。
は優しいんだけど、基本気がつかないタイプなので。)

せっせと書いたメッセージカードには
「おつかれさまです」
の文字が。
それ、疲れて帰ってきたかーたんにも言って・・・

はどうやってサンタさんが窓のカギを開けるのか、ということに頭を割いていて、
「万能の鍵をもっているんじゃないか」
、とか
「家の中のお手伝いサンタ(飾りのサンタが動く)が開け閉めしている」
のだとか、真面目に考えていました(^^;)

いつも寝る時間になってもなかなか寝付けない2人。
「緊張してねむれないよ~。こんな時に限ってちんちんが痒い~~~。」
とおかしな言動を始めは、何度もリビングやってきて、手紙の位置を直したり、サンタさんの通り道になるだろう場所に邪魔なものがないか確認したり。
ほんとにかわいらしい姿を見れて、かーたんたちもほっこりしました。
現在小学4年生と2年生。
いつまでサンタさんが来てくれるか分からないので、かーたんもこの時間を楽しむことにします。

12/25のO&J
「おかあさん! 早く来て!」
早朝5時。
はい、分かってます。
サンタさんのプレゼントがあったんですね?

きけば、なんとは夜中の1時に起きて、を起こそうとしたらしいです。
早すぎでしょ(^^;)(というかまだ夜、です。サンタさん、ニアミスですよ、それ。)

大喜びするを横目に、表情が曇ってる・・・
あれ? ・・・・
どうやら、思っていたものと違っていたようです・・・・

そ、そんな・・・

実はは、部屋に飾ってあるタペストリーの中のサンタさんに、しつこいくらいにカタログを見せて、欲しいものをお願いしていたのです。
一方のは、手紙を書くでもなく、熱心にお願いするでもなく、聞かれれば、
「レゴのフェラーリがいい。」
という程度でした。
もうサンタさん信じてないのかな?と思ったくらい、あっさりしていました。
それなのに! 涙ぐんでる!
どうやら思っていたシリーズと違ったようなのです。

も、もしかして、逆?
サンタさん信じてないんじゃなくて、信じすぎてる?
サンタさんて、思っただけで欲しいものが用意できると思っていた!?

しばらくすれば、気を取り直し、楽しそうに遊んでいましたが、かなり衝撃の事実を知ったかーたん&とーたんでした。
来年からはしっかり、サンタさんにお手紙を書くことでしょう(^^;)


スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2016/12/23 23:40 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ 
しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ

クレメント・クラーク・ムーア 詩 アンジェラ・バレットえ
2012年 BL出版

クリスマスイヴの夜。
家じゅうが静まり返ったころ、カタンどこかで音がしました。
お父さんが急いで起きてみると、えんとつから現れたのは、真っ白いひげのおじさんでした・・・


1882年にクレメント・クラーク・ムーアが子供たちに書いた「A Visit from St.Nicoles」。
翌年「The Night Before Christmas」として発表され、世界中に広がりました。

煙突から出てくるサンタさんは、ぽっちゃりぷっくり。
上等の毛皮でできた白い服を着て、パイプをくわえています。
そのお顔にはえくぼがあり、目がきらきらして、ほほはバラ色。
太ったおじさんであるのに、子供のようでもあります。

いろいろなサンタさんの絵本がありますが、この絵本を見ていると、サンタはまさにこんな姿なのだろうと思えてきます。
絵がとても繊細で美しいせいもありますが、まさに遠い世界に住むサンタクロースらしい容貌です。

絵も本当に美しいです。
しずかな雪景色、澄んだ空からさっそうと降りてくるトナカイとそり。
美し調度品がそろったリビングに降り立つサンタクロース。
落ち着いているのに、鮮やか。
そんな絵に目が釘付けになります。
1ページ、1ページが絵画を見ているみたいです。

こんなサンタクロースに会えたお父さんが羨ましい!

とは、
「本物のサンタクロースって結局どんな姿なのかな?」
「服は白いの?赤いの?」
「太っていて白いひげは間違いなさそうだよね」
「背は小さいのかな、大きいのかな? ぼくは大きいと思うよ。たくさんおもちゃを運ばんなんし・・・。」
といろいろ想像して楽しみました。
子供の想像力を刺激してくれる1冊となりました。

12/10のO&J
サイエンスヒルズ小松に行ってきました。
宮沢賢治生誕120周年ということで、「銀河鉄道の夜」にまつわるクイズラリーをやっていて、2人は大張りきり。
以前なら、後ろにくっついていかないと行けなかったけれど、最近は2人で回ってくれるので、かーたんは好きなところを回れて、本当に楽になりました。

かーたんはそこに置いてあった「銀河鉄道の夜」を久し振りに熟読しちゃいました。
2人はまだ「銀河鉄道の夜」は読んでいないようですが、いつか読んだ感想を聞きたいものです。

12/13のO&J
今日はが漢字、計算のミニテストを持って帰ってきました。
結果は・・・両方金シール!(詳細は12/8の記事)

おお! プレッシャーに打ち勝ち、見事のそろえてきました。
いつもの字とは比べられないほどのキレイな漢字に、彼の意気込みが伝わってきました。
すごい、尊敬するよ。。。(決して難しい問題はないのですが)

すまし顔しとるけど、もがんばったね!

12/16のO&J
スキー用のヘルメットを買いに行ってきました。
二つお店を回り、は見るなりに「これ!」と一目ぼれしたオレンジ+虹色のもの、は蛍光黄色の大人用のものを買いました。
大人用は大きめなのですが、ジュニア用だとすぐにかぶれなくなりそうだったので、イイお値段でしたが奮発しました。
頭を守るものだしね。

帰ると、早速かぶる2人。
別の遊びをする時もずっとかぶったまま。
さすがに食事もそのまま食べそうになっていたのは止めました(^^;)

一向に雪が降る気配はないけれど、使える日が楽しみだね。
(というか、すでに満足そうなので、このままでも・・・・雪降ると通勤大変だし・・・・)


12/18のO&J
ぼうずめくりをしました。
これこそ、運だよりのゲームだと思うのですが、負けず嫌いのはこれも負けることを許しません。

坊主が出れば怒り、天皇がでれば大喜びです。
誰よりも楽しんでいるといえますが、暴言もするので困りものです。

その中で思わず笑ってしまった、ぼうずをめくってしまった時の一言。
「もっとしっかり髪のばせ!」

・・・無理では?


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2016/12/10 08:15 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
サンタさんのトナカイ
サンタさんのトナカイ 
サンタさんのトナカイ

ジャン・ブレットさく さいごうようこ え
2013年 徳間書店

エルフの女の子ティーカは、サンタさんから大切なしごとをたのまれました。
クリスマスイブまでにトナカイを集めて、そりをひけるよう訓練するのです。

ティーカははりきりました。
必死に8頭のトナカイを集め、おこったり叱ったり・・・
ところが、なかなかトナカイは言うことを聞いてくれません。
ティーカは途方に暮れてしまい・・・!?


クリスマスイブまでにそりをひけるように奮闘する、女の子とトナカイたちのかかわりを描いた絵本。
とにかく、鮮やかで美しい絵が目をひきます。

各ページの4分の1ほどの余白には、エルフたちがプレゼントを作る様子を日を追って描かれており、そこも見どころの一つ。
は、そちらも大いに気になったようで、クッキー、人形、電車、毛糸の帽子など、プレゼントをそれぞれ吟味しわくわくしていました。

ティーカやトナカイの服、そりや建物、そして雪景色。
どれをとっても美しく細緻に描かれ見ごたえのある1冊です。

11/8のO&J
2学期から音楽委員会に入っている
12月の集会で「ありがとうの花」を音楽委員が伴奏し、みんなで歌うことになり、練習しています。

かなり熱心に練習していて(普段のピアノの練習に比べると、ですが)、張り切っているのがわかります。
歌いながら弾いているのですが、あいかわらずの音痴は仕方ないとして、ずいぶん楽しそうです。
本番はみなを惑わせないようにがんばって~(^^)/

11/9のO&J
男子小学生がうんち、ちんちんなどの下ネタ大好きなのはいつものことで、いつも適当に流しているのですが、今日思わず噴き出した話をひとつ。

「今日サッカーやっとってさ~、ちんこりんぐしてさ~。」
チンコリング?
「ああ、センタリングは頭であわすやろ? チンコリングはセンタリングがちんちんに当たることや。」(^^)
いい発見した! みたいなドヤ顔で言われました・・・・

どこに当たろうと、センタリングはセンタリング!
思わずつっこんでしまったかーたんでした。

11/11のO&J
小2ののクラスには、授業中にさわぐ子供たちがいて、よくけんかになるらしい。
もともとけんかしてなくても、まわりの子で、つい入っていってしまう子たちもいるために(止めようとしてミイラとりがミイラになる場合もある)、たびたび授業が中断するみたい。

1学期も問題になっていたみたいなんだけど、もともとはスルーできるタイプなので、そう困ってはいなかったみたい。
手が早い子の隣になった時は、たたかれるから嫌なんだよね~って言ってはいたけれど、それ以上の苦情はなく、むしろ

「ケンカの仲裁のために授業がストップするのが困る・・・」
と言っていました。

で、今日。

「早く席がえしたいな~。」
おやおや? めずらしい。
もしかして大変な席? またお隣さん?

「いや、ぼくは真ん中のブロックで ○○くん、××さん、△△ちゃんと一緒だから、それはいいんだけどね。」
うん、わりと仲のよい子たちで集まってるみたい。

では、なんで席替え?
「だって、ケンカする2人の真ん中に、ぼくたちが座っているんだよね。僕たち越しに、けんかするからうるさくて。」
どうやら、けんかになる2人の間に、そこに入っていかない子供たちを真ん中に入れて分断作戦に出たらしい。

先生の気持ちはわかる。
混ざっていかない子を間に置いとけば、それ以上は飛び火しない・・・はず。
たしかにそうなんだけど・・・

まあ、がんばって乗り越えてください。
人生、こういうこともあるからさ。




テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2016/11/08 23:32 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
クリスマスツリーの12か月
クリスマスツリーの12か月 
クリスマスツリーの12か月

エレン・ブライアン・オベッドさく アン・ハンターえ
2010年 講談社

クリスマスツリー農園で大切に育てられているクリスマスツリー(もみの木)。
12月には人間がやってきて、ツリーを切ってそりに似乗せて運んでいく。
では、1月から11月のツリーはどうしているのでしょう?

1月にクリスマスツリーが一番好きなのは・・?
2月にクリスマスツリーが一番好きなのは・・?


クリスマスツリーって、クリスマス以外はどうしてるの?
そんな素朴な疑問が1冊の絵本になりました。
森の中にたたずむもみの木の1年を静かに描いてあります。

クリスマスツリーは12月にはキラキラと飾られて、みんなに注目されているけれど、普段は森の木の一つ、なんですよね。
当たり前なんだけど、あたりまえじゃなく思っていたな、と。

根も葉も芽も、動物や鳥の大切な食べ物であったり、すみかであったり。
読んでいると、ほとんど食べられてばかりで、かわいそうにもなってきますが・・・(^^;)
それでも逞しく育ち、緑の葉をあおあおと茂らせるクリスマスツリーの逞しさに感心します。

我が家は狭いので、ウォールツリーですが、本物のもみの木もどこかで見ることが出来るかな?

10/30のO&J
明日ハロウィーンの今日、クリスマスのかざりつけをしました~~!
11月の前半がかなり忙しそうな事と、ハロウィーングッズを今年まったく用意しなかったので。

今年は
が「ぼくが全部一人でやる!」
と宣言してくれたおかげで、とっても楽。
ウォールステッカーも上手に配置して飾ってくれました。

10年以上も使っているツリーのタペストリーには、サンタクロースの絵が入っていて、これを飾ると、魔法の言葉が効くように!(^^)
そう、
「そんなことすると(言うと)・・・サンタメモに書かれるね~!」
毎年この時期恒例の脅し育児です。ハイ。
特には効果てきめんです。

この時期一生懸命いい子になろうとする
できるのなら、いつもやって~~~。

11/5のO&J
明日は小学校のバザーです。
かーたんは、一昨年味噌こんにゃく、昨年水風船、今年はカレー班!

今日は明日のための仕込みです。
なんとなく流れでたまねぎ係になったかーたん&
はたまねぎの皮むき、かーたんはスライス切りを担当しました。

簡単に言いましたが、これ、大変!
なんせすごい量ですので(たまねぎだけで100個以上!)、まずは涙との格闘です。
コンタクトレンズをつけているとあまり涙が出ないかーたんですが、さすがの量に、目が痛い・・・・
他のお母さんやはぽろぽろ泣いていました。
が。
これも10個を過ぎてくると、だんだん慣れてくるのか涙も出なくなり、目も痛くなくなります。
体中がタマネギ臭くなって、それにも慣れて、もうタマネギマシーンとなった頃に終了。

気がついたら右手に豆ができていました・・・(><)
学校の切れない包丁をにぎりつづけた名誉の負傷?です。
は他にも、食器洗いやみそこんにゃくのくし刺しなども手伝って、お母さん方に褒められてました。
ホントに助かったよ、ありがとう!

明日はおいしいカレーができるといいなあ~
(しかし肝心のムスコ2人は大会があって来れないのであった・・・・残念)
お風呂に入るまで、体が玉ねぎくさかったかーたんでした。

11/6のO&J
今日のかーたんは、昨日に引き続きカレー班(学校のバザー)です。
朝から仕込みに入り、寸胴に3つ分のカレーを作りました。
う~ん、壮観。
小学校の給食作ってる人達ってもっとすごい量を作ってるんですよね?
すごい!

食堂は11時に開店。
するやいなや、途切れることなく続く、カレーの列!

寒かったせいか、嬉しい悲鳴です。出るわ出るわ、当初の予定よりも出そうなので、さらにご飯を炊くなどの対応に追われます。
あっという間に1時間が過ぎ、やっと列も落ち着いてきた頃、かーたんはここで退出。
忙しすぎて、感想もなにもきけなかったので、明日ムスコ達に聞いてもらおう。

すぐにタクシーにのって、空手の会場に向かいます
とーたんからの速報では、形は1回勝ち、は1回戦で負け、泣いているとのこと。
午後の組み手に向けて、気持ちを切り替えられていればよいのですが・・・

会場に着くと、2人はワイワイ組み手の練習中。
「かーたんがいないから・・・!」
はすねてはいましたが(こんなこと言ってくれるのは今だけなんだろうなあ~)、笑顔も見られ、気を取り直しているようでした。人生塞翁が馬、だよ。

組み手の結果はは1回勝ち、は優勝。
の2回戦の相手は春の大会でも戦って負けた相手だったのですが、前回は30秒ほどしかもたなかったけど、今回は時間ぎりぎりまで粘ってました。
2人ともよくがんばりました。
お疲れ様でした!

11/7のO&J
カレーどうやったかな~?
と聞いてみたら、
「おいしかった!って言ってたよ」
とのこと。良かった~~~。

来年は2人とも来れるといいんだけどね(^^)


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2016/10/30 23:26 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
おしゃれのすきなサンタさん
おしゃれのすきなサンタさん 
おしゃれのすきなサンタさん

ローラ・レーダーさく え
2001年 文渓堂

クリスマスの1週間前。
サンタさんのクローゼットには、古びた赤い服ばかり。
そこで、サンタさん、町に洋服を買いに行きました。

何軒ものお店をまわって、サンタさんはすてきな紫のタータンチェックのスーツを買いました。
ところが、自分ではとっても素敵だと思うのに、だれもほめてはくれません。

がっかりしたサンタさんでしたが、奥さんにアルバムを見せてもらって・・・・


サンタさんだっておしゃれしたいですよね。
いろんな色、いろんなデザイン、着てみたいはず。
そう思って読むと、サンタさんのスーツ姿、とってもいいと思うのですが。

でも、やっぱりサンタさんは赤い服が良く似合う!
こんなに真っ赤な服を着こなせる人、世界中どこを探したっていませんよね。
それに気づいたサンタさん。
奥さんに新しい赤い服を買ってもらい、元気にプレゼントを配ります。

新しい視点でのクリスマス絵本で、クリスマスじゃなくても楽しめました。

ラストは、クリスマスが終わって休暇に入ったサンタさんのバカンス。
おくさんとおそろいで紫のチェックの水着を着たサンタさん・・・すてきですヨ(*^^*)


8/5のO&J
東京にやってきました。
ホテルのチェックインまで時間があったので、東京未来科学館の「忍者ってナンジャ!?」展に行ってきました。
時々家でも忍者コスで戦っている
歴史好きの
2人が食いついたのは言うまでもありません。

・・・が、結論から言うと、小さい子向け、なので高学年や大人にはものたりないと思います。
歴史的資料や解説などあるにはあるのですが・・・深く知りたい人はつまらないかも。

ムスコ達は、忍者体験があるので、それを遊びとして楽しんでいた感じです。
振動を感知する廊下をゆっくり歩いたり、ひまわり飛びに挑戦したり。
特に2人がはまっていたのは、手裏剣投げで何度も挑戦していました。

投げながら、当たった、当たらない、とぎゃあぎゃあ騒いでいる時点で、まったく忍者にはむいてないんですけどねえ(^^;)

8/6のO&J
今日はの空手の試合。
武道館は人、人、人!! 圧巻・・・・

こんな場雰囲気の中で試合をさせてもらえて、本人は大変だったと思いますが、いい経験になったと思います。
は、緊張しなかったよ、と言っていましたし、落ち着いていたとは思いますが、かーたんが落ち着けませんでした・・・。

参加できるだけで・・・と思っていたので、7-0で一回戦を突破できた時は、本当にびっくりでした。
2回戦は大きい相手にひるんで?判定負け。
次につながるといいね。

8/7のO&J
今日は「キッザニア東京」にやってきました。
ホテルで朝食をとってのゆっくり出発。
開場が8時半なのですが、同時刻に到着。想像通りの長い列に、いつになったら入れるのかな~と思っていましたが、9時過ぎには入場できました。

2人ともやりたい職種がバラバラなので、別れてお仕事へ。
はすぐに警察官、はマジシャンへ。

仕事についてしっかり説明があるようですし、親はいなくてもOK。
小さい子から大きい子まで、ちゃんと見てくれます。
は警察官グループ6人の中で一番お兄さんだったようで、現場検証に出かける時は、一番小さい幼稚園くらいの子とてをつないでいました。
足跡採取の時も、指示出したりして、しっかりお兄さんだったのが印象的でした。

のマジックショーは、かーたんは後でビデオで見たのですが、衣装がカワイイ。
マジック自体は、が家で時々やってくれるものより簡単そうなので、みんなの前で披露する、というとこにだいご味がありそうです。
とっても嬉しそうにやっていました。

は警察官のあと、裁判員、警備会社、証券マン、発明工房、新聞記者を体験。
運転免許証の取得と、銀行貯金、クレジットカードの作成、そしてアルバイトを2か所していました。(アルバイトは制服などはきれないけど、待ち時間なしで15分ほどのお仕事ができ、お給料が少しだけもらえる)
はマジシャンのあと、ガソリンスタンド、カーモデラー、発明工房、絵具屋さん、新聞記者を体験。
運転免許証の取得と、銀行貯金、クレジットカードの作成をしていました。

最後の新聞記者は、2人で取材に出て、ハキハキとお兄さんに質問していて、普段はなかなか見れない姿を見ることができました。
は恥ずかしがりながらも一生懸命に、はいつも通りニコニコ物おじせずに楽しんでいました。裁判でも1人だけ発言していたらしいし・・・(^^;)。

朝ごはんをしっかり食べた、というのもあるのですが、2人とも食事なしで6時間。(水筒のお茶で水分補給はしている)
目いっぱい満喫した!という感じでした。

夏休みの日曜日なんて、相当混んでいるかと思いましたが(混んではいます)、よほどの人気職種をいくつもやろうと思わなければ、かなり楽しめると思いました。大人が歩きまわらなくていいし、天候に左右されないのもいいですね。
6時前から並ぶ人もいるようですが、疲れずに15時まで回ろうと思うと、無理しないで朝ごはんしっかり食べて行った方が、最後まで思い切り楽しめる気がしました。

次回は、は消防士、は病院に行きたいそうです。
楽しみだね!


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2016/08/05 23:45 ] l この記事を印刷 | クリスマス絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。