スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:-- ] l この記事を印刷 | スポンサー広告
ガスパール うみへいく
ガスパール うみへいく
ガスパール うみへいく
アン・グッドマンさく ゲオルグ・ハレンスレーベンえ
2003年  ブロンズ新社

パパとママに一生懸命おねがいして、ウィンドサーフィンを習うことになったガスパール。
夢ではリサをのせて、かっこよく波乗りしてたんだけど・・・
ぼく、実は泳げないんだ! 
どうしよう!?


わが家で、初めて買った「リサとガスパール」シリーズがこれでした。
リサは出てこないのですが、この絵本でガスパールが大好きになり、すぐに全シリーズをそろえた思い出の1冊です。

泳げないのにウィンドサーフィンを習おう!と思いたち、実行に移すガスパールの思い切りの良さ。あっぱれ!です(^^;)。
滅入ることなく、マイペースをつらぬくところが笑えます。
今のに似てるかも!

期待、妄想、不安・・・そして泳げなくたって1番目立っちゃう最終シーン。
いろんなガスパールが、軽快に描かれた1冊になってます。
水が怖い子、泳げない子にもオススメ!

ちなみに、ガスパールがかっこよくウィンドサーフィンにのる夢を見るシーンはとーたんのお気に入り。 
「男って、こういう妄想するもんなんだよ~。」
だそうです(^^;)。

も泳ぎながら(おぼれているようにしか見えないが)、オリンピックで金メダルとる姿でも妄想してるのかな?

今日のO&J
スイミングスクールの無料開放の日。
とーたんと2人は、いとこのHちゃんとともに、プールへゴー。

その間、かーたんはスイミングスクールの入会申し込みをしました。
ここ1カ月ほど、どうしても行きたい!!とからの強い希望があり、週1回通う事にしたのです。

申し込みを終えて、プールを見に行くと、みんな本当にいい笑顔で潜ったり遊んだり。
たしかに、この夏で一気に水が好きになったよねえ・・・(^^) 

帰り道、スイミングに申し込んだ事を伝えると、
「ねえ、夢じゃないよね。夢みたい!」
「スイミングは通えるとと思ってなかった!」
とすっごく感激されました。

そんなに行きたかったの!?とびっくりする半面、なんで絶望視してたのか不思議だったので聞いてみると
「だってお母さん、なんでもダメっていうじゃん」
との答え。

え~~?
けっこうユルユル教育だと思ってるんですけども・・・。くわしく聞いてみると
「水族館で、カートに乗りたいって言った時ダメっていったよ。」
・・・半年以上前のこと? 雨でぬれてたじゃん。
「スイミングのあと、アイスもダメって」
・・・これはたしかに、ダメって言ってるな。
「テレビも長いの見ちゃダメって。」
・・・うん、ダメ・・・

子どもというのは「いいよ。」といった事は忘れ、「ダメ」といった事は覚えている生き物なんですね・・・(--)。
思わず
「今回、おかあさんイイって言ったからね!」と忘れないように念をおしちゃいました。
ちょっと恩着せがましかったかな~(^^;)

かしこいさかなはかんがえた/ねこざかなのはなび
みんなで!どうろこうじ/ひとりぼっちのジョージ
がんばれぺぺ

かしこいさかなはかんがえた/ねこざかなのはなび
みんなで!どうろこうじ


スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/08/26 18:54 ] l この記事を印刷 | 海の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
うみべのいちにち
うみべのいちにち
うみべのいちにち
ナタリー・テュアルさく イリヤ・グリーンえ
2010年 講談社  

夏の日。
ロラとレオの兄妹は、砂浜で遊んでいます。
砂で城を作ったり、昆布で変装したり、貝殻をさがしたり・・・

時が過ぎ、砂の城は海にしずみ、帰る時間がやってきました。
ロラは海辺で拾った石を握って目を閉じて・・・


兄妹の夏の1日を、美しい絵でつづった絵本。
舞台は海ですが、絵に青系がほとんどなく、暖色系で描かれているのが珍しいと思いました。

柔らかなピンク、赤、オレンジが効果的に使われ、夏の海を優しく描きだしています。
そのためか、砂の城が徐々に波にさらわれ、水中に沈んでいくシーンも、さみしさより海に返る安心感を感じました。

かーたんは、夕焼けの中、帰途につく最後の見開きページが特に気に行っています。
朱鷺色に染まった風景の中、黒く描かれた家族のシルエットが印象的です。 

石好きのは、かえりみちに石を握って眠るロラがお気に入り。このシーンのロラは本当に幸せそうです。
たしかに海水浴からのかえりみちって、体がぽかぽかして、心地よい眠気がおそってくるんですよね(--)ZZZ・・

親になった今は、眠れなくてホント残念です。
(いやいや、助手席で爆睡してるって!? 気持ちは起きてるんですよ。運転手さんに気を使って!)

海の香りが漂ってくるような。
砂の熱さが伝わるような。
心地よい疲れを感じるような。
自分が海で過ごした記憶を呼び起こしてくれる、ステキな絵本でした(*^^*)

今日のO&J
先月に引き続き、今週も短期水泳教室に参加することになった2人。
どうやら、今回も2人は違うクラスにわけられました。
ところが、と従兄弟のHちゃんは同じクラスだったので、1人だけ違うクラスになった
は号泣しちゃったらしい。
そのうち気を取り直していたようですが・・・。Hちゃんがうらやましかったかな。
でも、そろそろ兄離れもしないとね(^^;)。

帰ってから2人に話を聞くと、
は、「すべりだいのスピードがすごかった! でも面白かった!」ととにかく楽しそう。
は「飛び込みが怖くてできなかった・・・」「明日は水泳いかない・・・」とまだまだ「別のクラスショック」から立ち直れず、ネガティブ発言が多かったです(--;)。
でも、見に行ったじいじによれば、クラスで一番小さいけど、よくがんばっていたよ~とのこと。
お風呂では、お兄ちゃんと潜りっこしてたし、明日になれば大丈夫かな!

なつのいちにち/むしっこサーカス
クリスマスのインタビュー/もりくんのすいかカー
My Cat Henry!/ぼく、仮面ライダーになる!
わんぱくだんのおばけやしき/ベースボール大作戦
ねぎぼうずのあさたろうその5

なつのいちにち/むしっこサーカス
クリスマスのインタビュー/もりくんのすいかカー
はっきよい畑場所/ぼく、仮面ライダーになる!
ベースボール大作戦/わんぱくだんのおばけやしき


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/08/20 23:41 ] l この記事を印刷 | 海の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
水泳体験教室にいく
水泳体験教室にいく

今日はとーたんが仕事なので、3人行動。
午前中にたっぷり外遊び をした後、昼ごはんはバスに乗って中華料理屋さんへ行きました。

御一緒した方に中学2年生のお姉ちゃん がいて、はいつもより緊張気味。
3年ほど前に、一緒にキャッチボールとかしてもらったんだけど、さすがに覚えてなかったみたい。
その頃よりず~っとお姉さんになっていたので、かーたんもびっくりしました。

は家では全く見れない、きりっとした態度で、お話ししたり食事したり。お兄さん風を吹かしてました。お姉ちゃんに、いいとこ見せたかったんだねえ(^^;)
帰り道、手をつないでもらって嬉しそうでした(*^^*)

一方のは、いつものおしゃべりは封印し、ひたすら食べる食べる。予想通り、中華テーブルをくるくる回すいたずらはしましたが、後はおとなしく座っていました。
静かすぎて、拍子抜けしたくらい。
おいしい中華をゆっくり食べることができました。ごちそうさまでした(^^)

帰りの バス待ち でのこと。
最寄りのバス亭まで普通のバスだと200円ですが、土日限定の周遊バスだと100円なのです。
周遊バスがたまたま来ればラッキーですが、先に普通のバスが来たので、ま、いいか、と乗ろうとしたら、に止められました。
「このバス、いくら?」
かーたん「200円」
高いからダメ」
しっかりしてます(^^;)・・・確かに100円とはいえ、大事ですよね。


夕方からは「水泳体験教室」に参加してきました。
まだ、水に潜れないムスコふたり。
そろそろ水泳でも~と思い、近くのスイミングスクールへ。

毎週土曜、ここに教室に通っているいとこのHちゃん案内係をしてくれました。昼にすでに泳いだ後だというのに! 
ありがとね(^^)

まずは準備体操。 元気に声は出てるけど、なんだかの動きがおかしい・・・
前に伸ばした手にむかって、足を蹴りあげる運動なのですが・・・足、全然あがってないです。上がってないだけでなく、足が短すぎるのか、手と足がまったく近寄る気配なし。
これではいけない、と気がついたらしい2回目。
今度は足を内側に折り曲げて、手と足を無理やりくっつけていました。ひとりだけ明らかに違う動きで、おサルさんのよう(^o^;)。
顔が真剣なので、見ている方は余計可笑しくて、こらえきれず爆笑・・・ごめん。

体操が終わり、2人はいざプールへ。
かーたんは2階から見学しました。

腰に浮輪をつけているので、ふたりとも大きいプールをこわがることなく、楽しそう。
犬かきをしたり、大の字で顔もつけてました。

後で聞いてみたら、大の字は ウルトラマンの空飛ぶポーズらしい(^^)
先生はいろいろ面白い事を言って、子供たちを盛り上げてくれたようです。
は「面白かった! また行きた~い!」とノリノリでした。

すぐに体験効果?は表れて、は歯磨き中に突然、水道の蛇口に頭をつっこむ無茶を・・・。何をしたかったのかよく分からないけど、得意そうににっこりしてました。
水、大好きのアピール? 洋服びしょびしょなんですけど・・(--;)

たくさん動いた1日に、寝る前のは「今日はたのしかった!」を連発。
そして、2人ともあっという間に夢の中でした(^^)

・・・およぐ 絵本あれこれ・・・
「およぐ」
どうして動物は上手に泳げるの? きっと君も水にはいりたくなるはず!
およぐ (かがくのとも傑作集―わいわいあそび)およぐ (かがくのとも傑作集―わいわいあそび)
(1981/02/02)
なかの ひろたか

商品詳細を見る


「ノンタンおよぐのだいすき」2010/7/19ブログ記事
ノンタンはおよぐのだいすき! 迷子になったちびっこかめさんとおかあさんを探しに海にもぐります。
ノンタンおよぐのだいすき (ノンタンあそぼうよ (4))ノンタンおよぐのだいすき (ノンタンあそぼうよ (4))
(1977/08/12)
キヨノ サチコ

商品詳細を見る


「ぼく、およげないの」 (2010/8/12ブログ記事
苦手なものから逃げないこと、努力すれば困難も可能になること、友達の苦手なことをからかわないことなど・・・泳ぐ練習を通して色々なメッセージが伝わってきます。
ぼく、およげないのぼく、およげないの
(2008/05)
アンバー スチュアート

商品詳細を見る


今日のO&J

すいかくんがね・・・/おおきくおおきくおおきくなると
かようびはシャンプー/しろいはうさぎ
どうぶつえんのいちにち/わんぱくだんのにんじゃごっこ
黒い太陽のおはなし

ペネロペ、ルーブルびじゅつかんへいくせきとりしりとり
おすしのうた/やさいのおなか
すいかくんがね・・・/おおきくおおきくおおきくなると



テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/05/26 18:53 ] l この記事を印刷 | 海の絵本 | コメント(0) | トラックバック(1)
うみとモモちゃん
うみとモモちゃん
うみとモモちゃん
松谷みよ子さく 武田美穂え
1995年 講談社  

モモちゃんはママと海にやってきました。
赤ちゃんの時は海が怖かったモモちゃん。 でも、今は平気。 
海といっしょに楽しく遊びます。

ところが、風が吹き雨が降りだすと、海は姿を変えて・・・


モモちゃんと海とのやりとりが瑞々しい! 
ちいさいモモちゃんシリーズ「海」編です。

モモちゃんが海を楽しむ場面は、セリフも愛らしく、これからの季節が待ち遠しくなっちゃいますねえ(^^)
特に、海とジャンケンするシーンは、子供たちのお気に入りです。
初めて読んだ時は、チョキのカニ、ひとでのパーが出て、「グーはなんやろ?」と急いでページをめくってました(^^)

ただ、このまま楽しいだけでは終わらない、モモちゃんワールド。
最後は、海=自然の怖さも伝えてくれます。
は、この嵐のシーンが怖くて苦手。「うみ、こわいち」と腰が引けてます。
はモモちゃんのように、荒れた海には向かっていけなさそうですね。(危ないので、その方がもちろんいいですが)

荒れた海の姿をみたモモちゃんは、そのとき何を思ったのでしょう?
次にモモちゃんが海とお話しする時は、海は何を語るのでしょう?
今年の夏、ムスコ達は海とどんな会話をするのかな?
いろいろ想像すると海に行くのが楽しみになってきました(^^)

今日のO&J
のビーチサンダルを買いました。

以前が使っていた15cmのものは
がぴったり。
ところが、がはける17cmのものがなかなか見つからなかったのです。(18cm以上なら結構ある)

先々週も、いくつかお店を2人で回ったのですが、見つからずしょんぼりしていた。それを知っていた祖母が、
「GAPにビーチサンダルが入荷してたよ!」と教えてくれました。
5種類の中から恐竜の柄を選び、ついでにサングラスとポロシャツも買いました。

布団カバーもホワイトに変え、今年初のスイカも食べて、気分はすっかり夏!になった我が家(^^)。
TUBEでもかけてみましょうか!?
さすがにちょっと気が早い!?(というか、世代が・・・)

うみとモモちゃん/トリケラトプスと巨大ガメ
とうちゃんはかんばんや/3びきのくま
おんぶはこりごり

ぼくそらをさわってみたいんだ/おんぶはこりごり
うみとモモちゃん/トリケラトプスと巨大ガメ
とうちゃんはかんばんや/3びきのくま



テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/05/19 19:13 ] l この記事を印刷 | 海の絵本 | コメント(2) | トラックバック(1)
カタツムリと鯨
 
ジュリア・ドナルドソン
ジュリア・ドナルドソンさく アクセル・シェフラーえ 柳瀬尚紀やく
2007年 評論社
 
島に住んでるちっこいカタツムリさんは、世界中をみたくてたまらない。
そんな時、おっきな鯨さんがやってきた。
カタツムリさんはその尾にちゃっかり乗せてもらい、大海原に飛び出した。

広大な海、どでかい氷山、金砂の浜辺に火をふく火山・・・目にする光景にカタツムリさんは感嘆しきり。
ところがある日、鯨さんが浜に打ち上げられてしまった!


世界を旅するカタツムリの物語。
初めて見る世界の美しさ雄大さに喜んだり、自分がちっぽけに感じ、落ち込んだり。
読みすすむと、いっしょに大冒険している気分になれます。
カタツムリは小さいですが、ページごとに表情が違っているので気持ちが入ります。

ただし訳文に関しては、耳心地はよいものの若干読みにくい印象。言葉遊びとして大人が聞くには、原文の面白さが伝って楽しめるのでしょうが(^^;)
文まで理解しようとするなら小学生以上むけですが、絵と話の展開を見て楽しむならそれ以下でも大丈夫だと思います。

はカタツムリが、鯨のピンチに助けを呼ぶシーン、そして消防車が駆け付けるところがお気に入り。
小さくたって大仕事ができるんだよ、カタツムリくん! そしてちっこいわがムスコたち! 
いつか世界をみておいで!

今日のO&J
が先日の遠足の思い出を描いてきました。
が両手にカタツムリを持って立っています。
本当に嬉しかったんだねえ、カタツムリ(^^)
一緒にいったかーたんやも登場したかったけど、ま、いいか。

カタツムリと鯨/ふたりだけのキャンプ
くろくんとふしぎなともだち/ぶんかいきょうだい
しゅぱつしんこう

カタツムリと鯨/ふたりだけのキャンプ
くろくんとふしぎなともだち/ゆうくんのくつ
わたしのワンピース/しゅぱつしんこう
おとうさんはウルトラマン


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/05/18 23:01 ] l この記事を印刷 | 海の絵本 | コメント(0) | トラックバック(1)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。