ほしのかえりみち
ほしのかえりみち 
ほしのかえりみち

きたじま ごうき さく え
2014年  絵本塾出版

ぼくたち家族は車で家に帰るところ。
夜の街はキラキラチカチカ光っている。
ぼくがその光景に見とれていると、急に車が空に飛び出した!

車は形を変え、すごいスピードで飛ぶ。
知らない星で燃料補給をしたり、サービスエリアで変わった食べ物を食べ、面白いトイレにもいった。

そんな星の中の帰り道、パパとママが顔をひっぱって・・!?


満天の星の中、ちょっと夢をみて帰る・・・・そんなお話かと思ったら。
想像の斜め上をいく展開に、子供たちもびっくり!

どこか見たことのあるガソリンスタンドやサービスエリアも、いろんなところに宇宙らしさが出ていて、それを見るのも楽しかったです。
とくにはトイレのシーンがお気に入り。宇宙人達も、自分と同じようにおしっこを飛ばして穴に命中させているんですから(^^;)

家族の正体を知ったは、
「この子たち、ちきゅうのどこにいたのかな?」
と怖くはないけど、もしかしたら他にも・・・・とちょっと心配になったようです。

ユーモアたっぷりでありながら、幻想的な雰囲気もある絵が、不思議な感覚をつれてくる・・・面白い絵本でした。

5/24のO&J
「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」に行ってきました。
かーたんは初めて、3人は2回目です。(前回訪問時の記事はこちら→(2013/6/2ブログ記事))


この博物館は、こんな田舎の片隅(ごめんなさい!)にありながら、本物があるすごい博物館なのですよ。
展示物が目の前にさりげなく置いてあるので、実はすごいものだって気付くのが遅れるわ~~!

どれもすごいのですが・・・たとえば
旧ソ連の月面着陸船「ルナ24号」は実物のバックアップ機で、世界で現存しているのはこれだけなんですって!
海外オークションからオファーが来て、オークション開始価格13億円と設定された、羽咋市も財政難なので、数年後にはもうないかも・・・・とガイドの方が話していました(ただしこの話は2年前にきた時も言っていたとのこと^^;)。

これを羽咋市職員の方が、どうやって集めたか・・・その辺を書いた資料もあり、その情熱と能力には本当に驚きました。
すごい方がいるものです。

前回来た時は、アルバイトのサンダーくん(羽咋市にきた宇宙人)を怖がっていたですが、今回は姿がみえず、残念がっていました。かーたんも会いたかったな~、サンダーくん。

コスモシアターはなかなか迫力があって面白いのですが、戦争のシーンなどはがとても怖がりました。字幕に振り仮名がなく、に読んであげないといけなかったりして・・・・高学年向けでしょうか。

おみやげやさんで二人は組み立て式のアポロ月面着陸船を買い、大喜び。
サンダーくんが温泉に入っているTシャツも買いました。

「あ、これ! 2年前にママにお土産に買った宇宙飛行士のキューピーちゃん!」
とすごい記憶力の
かーたん忘れてた・・・・大丈夫、家にちゃんとある・・・はず・・・。

想像以上に面白かった宇宙博物館。また来ようと思います。
次はサンダーくんに会いに。

なつのおとずれ/アインシュタイン

ちいさいカブちゃん/わんぱくだんのどろんこおうこく
なつのおとずれ

5/25のO&J
木曜日の運動会に向け、練習で忙しそうな二人。

は小綱うばいの作戦を練っていますが、どうも机上の空論といったかんじ。

3.4年生のダンスで
「自分の列だけ右に曲がるんだよね~。全員男子だからさ。」
と言い訳(になってるのかわからんけど)したり。
「女子は~、細かいことうるさいんだよね~。」
ですって。ダンスィってば。

は全員で踊る盆踊りの振り付けを練習。真面目です。真剣です。もうちょっと、お兄ちゃんを見習って、肩の力を抜いたらいいんではないかと思います。そしてお兄ちゃんはの真面目さを見習ってね。

運動会、楽しみだな~~~。

童のおつかい/エジソン

月へ/童のおつかい

5/26のO&J
「明日の~~~、朝食は~~~」
なぜかロック調で歌う
リクエストされた朝食は
トマトときゅうりのサラダ
カレーライス
豚肉
でした。ロックでもなんでもない普通のメニューでした。
でも朝からカレーはないな。


ジャッキーのしんゆう

5/27のO&J
明日は運動会です。
それぞれの出番を確認。
二人のポジションも確認します(人数が多すぎて、よく見失うから)。

3年目のは慣れたもので、
「ダンスの時は最初この辺で~、こっちに移動。 綱引きは最初が後ろで~・・・」
と図解してくれるので助かります。
はあいまいなので、ちょっと心配。
は運動靴も目立たない色だし、体も小さいので見つけにくそうだからな~(--;)。

いよいよ明日が本番。
かーたんはお弁当づくりにがんばるわ~。



スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2015/05/24 21:19 ] l この記事を印刷 | 月、星の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
星どろぼう
星どろぼう
星どろぼう
アンドレア・ディノトさく アーノルド・ローベルえ
1980年 ほるぷ出版 

ある村に、ひとりのどろぼうがすんでいました。
どろぼうは空に輝く星にさわりたくて、ある晩はしごをかけました。

星は、どろぼうがちょっとひっぱると、すぐにとれました。
嬉しくなったどろぼうは、一つ残らず星を盗み、地下室の樽に隠してしまいました。

空には、月が1つだけ。
困った村人は、のこった月を守るために・・・。


今度は月を狙うどろぼうと、村人たちの知恵比べ。
なんとかどろぼうをつかまえたものの、星を空に返すのも簡単にはいきませんでした。

星と月をめぐっておこる大騒動を、ユーモラスに描いています。
黒に黄色とオレンジを基調に描かれた挿絵も面白かったです。
星たちが、それぞれが違う形、模様で描かれていて。

その後、願い事をすれば星は空にかえることが分かり、村人はみんな1つずつ願い事をします。
こうなると、どろぼうは村にとっていい事をしたような気もしてきます。
こんなに沢山のお願い事が一度にできるなんて、普通ないですから(^^;)。

さて、かーたんは何を星にお願いしようかな?

今日のO&J
保育園の七夕かざりをみました。
の短冊をみると
「さっかせんしゅに なれますように」
・・・作家ではなく、サッカー選手かな。

夜、保育園で行われた七夕コンサートはサックスとハープの演奏。
大雨の中、ハープを運ぶのはさぞ大変だったことでしょう。
かーたんは参加していませんが、素敵な演奏だったようです。
ステキすぎて、ムスコたちは遠い世界にとんできかけたようですが・・(==)ZZZZ
明日は家でも七夕飾りしようね。

トリケラとしょかん/サッカー大決戦

トリケラとしょかん/サッカー大決戦
ベースボール大決戦/アーミテージさんのすてきなじてんしゃ

7/6のO&J
かーたんの同級生のお友達2人が、それぞれ子どもたちをつれて遊びに来てくれました。
ドイツから帰省中の同級生は、3か月と2歳の兄弟をつれて。
同僚でもある同級生は、1歳と3歳の姉妹をつれて。

久し振りにだっこした3か月の赤ちゃん。
いっぱい抱っこさせてもらっちゃいました。軽いから、ずっと抱っこしてても全然平気です。
なつかし~~~い匂いがして、うっとりでした。

お兄ちゃんの方は2歳なので、やんちゃざかり。
けっこういたずらもするのですが、が笑って許していたのが嬉しかったです。勝ってるオセロをひっくりかえされたり、大事なものを投げられると、はむっとするんだけど(怒ったりはしない)、はニコニコ顔のまあ、「しょうがないね~」って感じ。
すっかりお兄ちゃんになったんだね・・・

驚きなのは、姉妹です。
1時間も2時間もほぼ同じ位置で静かに遊んでいます。
跳びはねることもなく、大声をあげることもなく・・・わが家ではありえない!
男女の違いなのか、性格の問題か・・・それにしても、こんなに違うものだとは・・・!
少しはこんな風に遊べないかと思ってみたけれど、無理だろうね~(^^;)。

人見知りのは、お友達が帰ってから
「今度はいつくるの? 夏祭りいっしょに行ける?」
とか
「次はぐーてんたーっく ってあいさつするね。」
と言っていました。
実際に会うとなかなか話せないんだけど(^^)、またぜひ来てほしいね。

チコときんいろのつばさ/リッランとねこ

トリケラとしょかん/チキンスープ・ライスいり
チコときんいろのつばさ/リッランとねこ
アーミテージさんのすてきなじてんしゃ
アリゲールデパートではたらく


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2013/07/05 22:41 ] l この記事を印刷 | 月、星の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
おじいさんのはやぶさ
おじいさんのはやぶさ
おじいさんのはやぶさ
川口淳一郎 監修 間瀬直方さくえ
2012年 KKベストセラーズ

ここはドームシティー。
地球から遠く離れた星。

ドームシティーの中には、学校も公園もなんでもある。
ぼくはここで生まれたんだ。

ある日、宇宙飛行士のお父さんの運転で、おじいちゃんが生まれたという地球にいってみることになった。
地球ゆきの宇宙船の名前は「はやぶさ」。
なんだか箱みたいな四角い形で古そうだけど・・・?


小惑星探査機「はやぶさ」の帰還したときの感動を、未来の子供たちに伝える方式で描かれた絵本。
ドームシティー生まれの僕が、はやぶさの形をした宇宙船(HAYABUSA2070!)で地球旅行します。

現在、月面着陸が過去の偉業として語られているように、将来は絵本のような宇宙で暮らす未来がやってくるのでしょうか?
昔は夢物語だったけれど、小惑星探査機「はやぶさ」の活躍を聞いたあとだと、近い将来実現しそうな気がしてきます。
(宇宙船ソユーズは、ISSまで6時間で到着したとニュースでやってましたしね!)

絵は、乗り物絵本でなじみ深い間瀬直方さんなので、ますますこんな宇宙船が現実にありそう!
「はやぶさ」を軸に、宇宙、未来への想像をかきたてる絵本でした。

今日のO&J
今日は学童保育クラブの入所式。
とっても楽しみにしていたは、子供の席の一番前の真ん中に陣取ってきょろきょろ。
(この物怖じしないところは、かーたんやとーたんと似てないところ。かーたん達は保護者席の隅っこに座っていました)

お祝いに絵本「なぞなぞのみせ」(持っているのでちょっと残念そう)をいただきました。
なぞなぞのみせ (なぞなぞえほん)なぞなぞのみせ (なぞなぞえほん)
(2011/09/03)
石津 ちひろ

商品詳細を見る

4月1日から毎日お世話になる学童。
今年の1年生は例年以上にたくさんの児童が利用するみたいなのでにぎやかそうです。
よろしくおねがいしま~す!

がっこういこうぜ/ガリバーの冒険
コンガらガっちどっちにすすむの本?

がっこういこうぜ/ガリバーの冒険
コンガらガっちどっちにすすむの本?

3/31のO&J
今日は「いしかわ子ども交流センター」に行きました。
は遠足で来たことがあったけれど、かーたんたちは改装以後初めてです。

入り口を入ると、実物大「はやぶさ」模型がおでむかえ。
「はやぶさ」はニュースで見たり、絵本を読んだりしていたので、そのままの姿がそこに!という感じで、なかなかの感動。
でも思ったより小さくて、こんなカワイイ小惑星探査機が、遠い宇宙を1人?旅したかと思うと、それも驚きでした。

プラネタリウムでは特別企画の「宇宙兄弟~一点のひかり~」を観覧。
かーたんは「宇宙兄弟」を漫画でよんでいるので楽しめたけれど、知らない子供たちはどうだったのかな?
星空が時々出るだけだったので、普通のプラネタリウムプログラムの方が良かったかもしれません。
プラネタリウム以外にも、鉄道模型や昆虫展示、科学展示などが充実しており、2人とも大いに楽しんでいました。

とけいのほん①/オレンジいろのディーゼルカー
ともだち/おいしいおと
くまさんおでかけ/どんなきぶん?
ラスチョのせつじょうしゃ/がっこういこうぜ!

とけいのほん①/オレンジいろのディーゼルカー
ともだち/おいしいおと
くまさんおでかけ/どんなきぶん?
ラスチョのせつじょうしゃ/がっこういこうぜ!
あしたもともだち


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2013/03/30 23:04 ] l この記事を印刷 | 月、星の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
おつきさま、こんばんは!
おつきさま、こんばんは!
お月
市川里美 さく 
2011年 講談社 

「おつきさま、こんばんは!」
おつきさまは窓辺に並んでいる人形たちに出会いました。

人形たちは次々におつきさまとの思い出を語り始めます。
ペルーの人形は、高い山の向こうに住んでいた時の思い出を。
日本人形は、お月見の夜の出来事を。
アフリカの人形は、月食で怖い思いをした時のことを・・・


今日は十五夜でしたが、あいにくの台風でお月さまは見えずじまいでした。
かわりに、この絵本を読んでみました。

人形が語るお月さまは、いつも優しく静か。
でも時々、お日さまを隠したり(日食)、一日中姿を見せてくれたり、おちゃめな部分もあります。
お月さまをたずねて、人形たちと世界旅行しているような素敵な絵本です。

各国の代表的な人形を見て、一緒に月をもあげていただろう子どもたちに想いを馳せ・・・幸せな気分になっているかーたんです。

は、月より団子でしたけど(^^;)

今日のO&J
今日のの質問より。
「じ のつくものなあに?」
「じ? じかん?」
「違う! り!」
「りんご?」
「違う! でぃ!」
「ああ、ディーン元気のでぃ?」(ディでこの名が出てくるあたり、かーたんもに影響され、まだオリンピックモード)
「違う、 り”~~!」
どうやら、「じ」でも「り」でも「でぃ」でもない、字で書けば「り」に濁点のような感じの音らしい。
彼にはそう聞こえている音があるようなのです・・・

結局答えは分からずじまい。
いったい「り”」のつくものってなに?

サンドイッチつくろう/どうぶつしょうぼうたいだいかつやく
つみきでとんとん/オーパーさんのおいしいりんご
カイくんのランドセル

サンドイッチつくろう/どうぶつしょうぼうたいだいかつやく
つみきでとんとん/オーパーさんのおいしいりんご
きょうりゅうのかいかた/ちゃいますちゃいます
カロリーヌとユピーいっしょにあそぼう


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/09/30 22:30 ] l この記事を印刷 | 月、星の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
月食
月食

6/5の月食、皆さんはご覧になれましたか?

わが家でも7時半ごろから外を見上げましたが、雲のせいで お月さま行方不明・・・
「くもさん くもさん どいてちょうだい」と、絵本のセリフでお願いする2人。

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)
(1986/06/20)
林 明子

商品詳細を見る


いったんお風呂に入り、その後とーたんがベランダに出るが、姿は見えず。
8時ごろから、かーたんが交代し、ベランダへ。
今こそ晴れ女の本領を発揮するとき!

すると、晴れ女の力かどうかはともかく、だんだん雲が晴れてきて・・・お月さま出現!
おお! 
うすぐもりだけど、の方が欠けて見えます。

急いで2人を呼びました。
月を見たふたりは、
「右側かけとるねえ・・・でも、怖いからもう入る。」
「こわい、こわい!」

日食は嬉々として観察していた2人ですが、月食はなぜか怖がって、テンション↓でした・・(--)。
もしかしたら、最近よく読んでいるこの絵本で、「影のおばけ」にお月さまが かじられるシーンがあるせいかもしれません。
なにか怖い物が徘徊して、月が欠けたと感じたのかも・・・。
(遅くまで起きてると、鬼さんくるよ~と普段言ってるから?)
結局ふたりはすぐに寝室に戻りました。

おおきく おおきく おおきくなると (福音館の単行本) (科学シリーズ)おおきく おおきく おおきくなると (福音館の単行本) (科学シリーズ)
(2008/07/10)
佐藤ひとみ

商品詳細を見る

かーたんは、徐々に丸くなるお月さまをみる事ができて、感動でした。
くもさん、ありがとう(^^)

・・・月の満ち欠け、実は?・・・
「お月さまってどんなあじ?」 (2010/10/20ブログ記事
まんまるで黄色いお月さまを見たら、誰だってたべてみたくなるはず。赤ちゃんから未就学時まで、おすすめの1冊。
お月さまってどんなあじ?お月さまってどんなあじ?
(1995/09/09)
マイケル・グレイニエツ

商品詳細を見る

「月のみはりばん」
月の満ち欠けには、お世話係の大変な努力があったのです。満月に足りなければ、目玉焼きを食べさせ、大きすぎればダイエット。月食のときはいったいどうするんでしょうね?(絵本には月食は出てきません)
月のみはりばん月のみはりばん
(1996/10)
とりごえ まり

商品詳細を見る


今日のO&J

どっちがどっち?/どっちがピンチ?
どっちがへん?/寿限無
できるまで図鑑/おおきくおおきくおおきくなると
しろいはうさぎ

どっちがどっち?/どっちがピンチ?
どっちがへん?/よるのびょういん
おおきくおおきくおおきくなると/しろいはうさぎ


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/06/05 23:08 ] l この記事を印刷 | 月、星の絵本 | コメント(0) | トラックバック(1)
| ホーム | 次のページ>>