スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:-- ] l この記事を印刷 | スポンサー広告
サナとそらとぶおばけ
サナとそらとぶおばけ
サナとそらとぶおばけ
2006年 ポプラ社


サナとお友達が凧あげをしていると、突然大きなおばけが現れました。
おばけは目をぎょろぎょろさせ、みんなの凧をあっという間に食べて消えてしまいました。

ルルは泣いているお友達をはげまし、凧をさがしにでかけます。
おばけが消えたしげみで、サナたちが見たものは・・・


「サナちゃんシリーズ」カイト編。
大きなおばけの出現に、はおそるおそるページをめくっていましたが、おばけの正体が、変身した6匹の子ぎつねだと分かると、その変身フォーメーションを見て喜んでいました(^^)。

圧巻は、みんなで新しい凧を作って凧上げするシーン。
数え切れないほどの凧が、見開きページをおおいつくし、ムスコ2人は
「この子の凧はどれかな?」
と凧糸を一生懸命たどったり
「ぼくは、この凧がいい!」
とお気に入りを探したりして、じっくり楽しんでいました。

いたずらっこのキツネたちを許してあげるサナちゃんは、勇気も優しさももった素敵な女の子ですね。

今日のO&J
今日はいとこのMちゃん2歳の誕生パーティーにおよばれしました。

プレゼントはみんなで選んだ髪ゴムです。あと、お風呂場のおもちゃトロリン(ブログ記事)
あきらかに場違いな男子2人が、キラキラした売り場で必死にカワイイゴムを手に取る姿は見ていて可笑しかった!
結局、は水色のリボン、はピンクのくまさんにビーズがついたゴム、かーたんはパンダといちご(こちらはその日これなかったとーたんから用)を選んであげました。
>は大きなフリフリリボンばかり選んでた・・・そういうのが女の子は好きだとおもっているらしい。将来プレゼントで苦労しなければいいけど・・・)

祖母からのプレゼントはMちゃんお気に入りの赤ちゃん人形の着替え服。
うまく着替えさせられないMちゃんに変わり、必死に服をきせる。そう、は普段から、大好きMちゃんのお世話係(ドレイ?)なのです(^^)。
着替えで赤ちゃんをさかさまにしているあたり、こんな遊びをしてこなかった男子らしいのですが、見ているこちらは可笑しくて(^^)。
さらに、ドレス姿のMちゃんになり変わり、その赤ちゃんをおんぶして、ずぼんに人形の着替えをぶらさげて後ろをつきまとう変な小学生。子どもの頃にもこんな姿みたことなかったのに・・・!(^0^)と思わず写真をとっちゃいました。
Mちゃんのためなら、え~~~んやこら!のなのでした。

Mちゃんの誕生日だというのに、Mちゃんママにお土産をもらった2人。
は最近はまっているクワガタの工作本。
そしてはLEGOクリエーターのミニスーパーカー。
もらったとたん点を見上げ
「夢にまで見た・・・!」
・・・・そんなに欲しかったんや(^^)。
ほんと、ありがとう。
そしてMちゃん、素敵な2歳おめでとう!

パジャマおばけのおばけパジャマ/ラッキー
へっぽこまじょニコとニキ/侯爵夫人のふわふわケーキ

おさらをあらわなかったおじさん/侯爵夫人のふわふわケーキ
パジャマおばけのおばけパジャマ/ラッキー
へっぽこまじょニコとニキ

1/14のO&J
のランドセルの底から丸まった紙が一枚。
何かとおもったら・・・書き初めでした。
そして、同じく折れ曲がった金の紙。
「あ、それはねえ、金賞やったから。おととい返してもらった。」

・・・・なんか、いろいろいいたいことあるけど、いつもは読めないくらい汚い字なのにがんばって書いたであろうことは想像できるので、黙ってしわをのばして飾ってみました。
ほんと、男子ってさあ・・・(--)。

石の巨人/行事と遊び12カ月
チンパンジーとさかなどろぼう/おとうさんはまんねんひつ

石の巨人/行事と遊び12カ月
チンパンジーとさかなどろぼう/おとうさんはまんねんひつ


スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2014/01/13 20:13 ] l この記事を印刷 | 冬の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
ねずみのさかなつり
ねずみのさかなつり
ねずみのさかなつり
山下明生さく いわむらかずお え
1986年 ひさかたチャイルド

ねずみの7つごちゃんが、凍った湖でスケートをしていると、イタチの親子が魚釣りをしていました。
うらやましい7つごゃんたちは、魚釣りの名人だったというおかあさんと一緒に湖に出かけます。

はりきる7つごちゃんたちですがなかなか釣れません。
ここは魚釣り名人のおかあさんの出番です・・・!


7つごちゃんとおかさんが、凍った湖で魚釣りをするお話。
こんなに頼りにされて、その上期待にこたえられるなんて・・・おかあさん冥利に尽きる絵本です。

魚釣りに行くまでのワクワクや、釣れるまでのハラハラどきどきが、絵から伝わってきます。
ムスコたちは、氷に穴をあけて釣りをすることにびっくりしながら
「やってみたい!」
「寒いからやだ・・」
と両極端の反応を示していました(^^;)。

釣れた魚はその場で調理しみんなで食べます。
残った1ぴきはおみやげに・・・・「もちろん、仕事でいけなかったおとうさんの分だよね!?」(by とーたん

今日のO&J
保育園で「わくわくランド」開催!
これは年長組さんがお店を開き、年中、年少さんがお買い物にやってくるという企画。
今日まで年長さんは、どんなお店をするのかを話し合い、グループに分かれて準備をすすめてきました。
30ほどあがったお店候補の中から、今日は「回転ずしやさん」「アイスクリームやさん」「アクセサリーやさん」「クッキーやさん」が開店したそうです。

はアクセサリーやさんの担当。
30本ほど用意したネックレスはすぐに売り切れ、欲しがっていたは買えなかったようですが、指輪はお兄ちゃんに選んでもらって嬉しそうにはめていました。(2個のうち、1個はかーたんにくれた!)
60個用意した指輪も売れ残ったのは3個だけだったそうです。

回転ずしやさんは、最初レールを回していたようですが、壊れやすいため途中からまわらないお寿司に。
「高級なお寿司になったんやね?」
とかーたんが言ったら
「壊れるからしかたないけど、ほんとはダメやよ! おすしはまわらないと! ステージやもん!」
と反論されました。
ステージって言うのは、絵本「おすしのうた」でお寿司たちが回転レールをそう呼んでいるからなのでしょう(^^;)
うんうん。おすしはまわらないとね! ほんとの鮨屋はまわらないことは、当分知らなくてよいですから!

食べ物系が多いのは、食べるのが大好きな今の年長さんらしいなあ~と思いました。
わくわくランド、大成功!

おにごろがしま/あおくんときいろちゃん
おどれ!ひなまつりじま

おにごろがしま/あおくんときいろちゃん
おどれ!ひなまつりじま

2/28のO&J
最近のの芸・・・エアギターで熱唱。
「楽しい三角を見つけてみよう!」
「どこに~ある、どこにある~。どこに~ある、どこにある~!」
これは、人形劇の前座「まるさんかくしかく」の前座のマネです。

「今度はす~っごく難しいよ! 六角形はど~こだ!?」
「どこに~ある、どこにある~。どこに~ある、どこにある~!」
・・・亀の甲羅。
「どこに~ある、どこにある~。どこに~ある、どこにある~!」
「四角の中に丸があるものはどこ?」
・・・ポスターの模様でした。
エアギターがかわいいので、ついリクエストしてしまい、毎日図形を探しているわが家です(^^;)。

かようびのよる/しごとば
まないたにりょうりをたべさせないこと/あらまっ!
まゆとおに

かようびのよる/しごとば
もじゃもじゃペーター/一休さん
まないたにりょうりをたべさせないこと/あらまっ!
へんしんおばけ/まゆとおに


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2013/02/27 23:40 ] l この記事を印刷 | 冬の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
てぶくろをかいに
てぶくろをかいに
てぶくろをかいに
新見南吉 さく 柿本 幸造え
2006年 ひさかたチャイルド 

寒い冬がきつねの親子の住んでいる森にもやってきました。
雪をさわったぼうやの手は、冷たく赤くはれました。

かあさんは、ぼうやに合う毛糸のてぶくろを町で買ってやろうと思いました。
でも、以前人間にかかわって怖いおもいをしたかあさんは、どうしても足が進みません。
そこで、ぼうやの手を片方、人間の子供の手にかえ、銅貨をにぎらせました。

人間の手の方をだすんだよ。絶対にこっちの手を出しちゃいけないよ。
かあさんは言い聞かせましたが、ぼうやは・・・


新見南吉さんの冬の名作を、柿本幸造さんの絵でよむ1冊。
原作を大事にしており、少し難しい表現もありましたが、じっくりと読むことができました。

初めて雪と出会ったぼうやの様子を描いた冒頭は、ぼうやの愛らしさ、みずみずしさがあふれ、一気に物語にひきこまれます。

柿本さんの絵は柔らかく、雪と町の景色がはんなりと描かれ、母と子のやりとりが中心のこの物語にとてもよく似合います。
赤い手袋をはめて、うれしそうに眼をキラキラさせるこぎつねの表情を見て、きゅ~~~んとなりました。
ムスコたちも、自分の手袋をはめてにっこり。

かーたんは、親になってこの本を読んでみて、以前とは違った感想もありました。
かあさんは、怖くて自分が行けない場所に、ぼうやを送り出すわけです。
これって、すごい勇気だなあ、と。
どうしても手袋を買ってあげたかったのか、子どもの成長を思ってなのか、人間の本質をみたかったのか・・・・

「ほんとうに人間はいいものかしら ほんとうに人間はいいものかしら。」
というかあさんの最後のセリフ。
作者はどういう意図でこのセリフを書いたのでしょう?
このぼうやはこの先ふたたび人間と触れ合う機会があるのでしょうか。そのとき、人間と分かち合えるものなのか? それとも・・・いろいろ想像が膨らみます。

今日のO&J
外食したら、デザートに小さなチョコケーキがついていました。
気がついたら、の額にチョコがべったりついていました。
どんな食べ方をしたら、そこにつくんでしょうね?(--)

先日、百人一首をやってみたことを書きましたが、が短歌を自作するようになりました。
今日の一句。(出だしはリスペクトしている「ちぇみまる」。)
「これやこの~ おかあさん大好き だっこして~ せかいでいちばん かわいいあかちゃん~」
うまい!? でも世界で一番とか、自分でいう? 
・・・・ま、だっこしちゃいましたけど(^^;)。

ナミチカのきのこがり/コンガらガっちどっちにすすむ?のほん
ひとまねこざるロケットにのる

ナミチカのきのこがり/コンガらガっちどっちにすすむ?のほん
ひとまねこざるロケットにのる

1/20のO&J
2人ととーたんが、からくり記念館にいってきました。
とにかく面白かったようで、帰るなり2人でしゃべるしゃべる。

からくり人形の動きもマネしてやってくれました。

茶運び人形(お茶運び人形といったら、「お はつかないの!」とにすごく怒られた・・・)がやはり1番人気で、夕飯の準備の時は、2人とも人形になりきってお茶碗を運んでました。
運ぶのはひとつずつだし、小股で進むので、時間がかかるんですけどね・・・かわいいから、いっか(^^;)。

とーたんによると2人は興味深々で、なかなか移動しないので、解説員の方が何度もからくりを動かしてくれたり、追加の説明をしてくださったとのこと。
1-2時間ほどでまわれると聞いていたのに、ゆうに3時間を越えて楽しんでいました。
ありがとうございますm(--)m。

「今度はぜったいおかあさんも行こうね!」
「怖い顔の人形がしゃべるけど、人形やからね。怖くないからね。大丈夫やよ。」
。。。楽しみです(^^)。

カバくんのおしり/バムとケロのにちようび
アップルムース/おべんとうんち

カバくんのおしり/バムとケロのにちようび
アップルムース/いそがしいよる
ペネロペようちえんへいく


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2013/01/19 23:15 ] l この記事を印刷 | 冬の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
3びきのゆきぐま
3びきのゆきぐま
3びきのゆきぐま
ジャン・ブレット さく 
2008年  ほるぷ出版

アルーキは犬ぞりとはぐれてしまい、見たこともないイグルー(雪の家)を見つけました。
中に入ると、大きなボウル、中くらいのボウル、小さいボウルに入ったスープがありました。

アルーキはまず大きなボウルのスープに口をつけますが・・・


カナダ北部に住むイヌイットの生活を参考に描かれたという1冊。
話の流れは「3びきのくま」と同じです。
ただし、舞台が氷の上なのです。
同時進行で、犬ぞりたちや出かけた3びきの白くまの動向が、外枠に描かれた面白い作りになっています。
(まるで、アメリカドラマ「24」のようです。)

動物達の着る民族衣装が美しく、思わず見入ってしまいます。海の中にいるセイウチまで素敵な衣装なんですよ!

雪国ならではのめずらしい動物も登場し、「3びきのくま」以上といっても過言でないほど、見ごたえある絵本に仕上がっています。
読むたびに新しい発見があるので繰り返し読みました。

かーたんは、
こぐまが「こんなに粗末なブーツ!」
といったのに思わず吹き出してしまいました。
そのブーツは、さっきまでアルーキがはいていたもの。
それを粗末って・・・(^^;)。
確かに、こぐまのブーツはふっかふかで刺繍も細かくて、と~~~ってもステキですけどね。(かーたんも欲しい!)

は犬ぞりを見て
「タロとジロ!」と嬉しそうでした。
昨年12月に国立科学博物館でみた、南極探検隊に同行した「ジロ」のはく製を思い出したようです。

とーたんは、白クマがアルーキに手を振っているシーンを見て
「ここ、ほんとうに白くま達は <またきてね!> って言ってるんかな? 
 勝手にアルーキがアテレコしてるだけじゃない? 
 自分は、こぐまがお気に入りのブーツ持ってかれて <ブーツ返して~> って言って手をふってると思うな。」
と言っていました。
たしかに、この流れは、アルーキ歓迎ではないような・・・どうでしょう?

は、おとうさんぐまが股下から顔を出すシーンがお気に入り。とってもおちゃめなお父さん(*^^*)。
もちろん、大好きな「3びきのくま」も自分で読んでます。

・「3びきのくま」 (2011/12/26記事参照
はもともとこの絵本のファン。
3びきのくま (海外秀作絵本)3びきのくま (海外秀作絵本)
(1975/10)
ポール・ガルドン

商品詳細を見る


今日のO&J
帰ると2人から手紙を渡されまれました。
からは、黄色の紙にピンクの文字で
「おかあさん だいすきだよ」
雪だるま(先日スキー場においてきた)への手紙ついでに書いたのだとしても、嬉しい(^^)。

からは、ピンクの紙に青色の文字で
「fish apple peg」
・・・何かの暗号でしょうか。peg→pigの間違い? 疑問だらけだけど、ありがと(^^;)

こねこのチョコレート/どこいったん
そらまめくんのぼくのいちにち/もりのおるすばん
とけいのくにのじゅうじゅうタイム/ペンギンのルーちゃん

こねこのチョコレート/どこいったん
そらまめくんのぼくのいちにち/もりのおるすばん
とけいのくにのじゅうじゅうタイム/ペンギンのルーちゃん
3びきのくま

1/16のO&J
夏の朝は、子供たちから先に起きていたものだが、最近はなかなか起きてこない・・・。
太陽とともに起きたいのは分かるが、それでは遅刻してしまうので、無理やり起きてもらう。

は寝起きがいいので楽ちん。
目が開いていなくても、テーブルまで運んで牛乳を渡せば、ふつうにご飯開始。
は、相手によって違うようだ。(ということは、起きていないようで起きてるのか。)
かーたんしかいない日は、1回抱っこすると起きてくる。
でも、とーたんが起こしに行くと、布団にもぐりこみ、なかなか起きてこない。
なので、今朝はとーたんが抱っこでリビングまで運んできた。
ところが相当眠かったのか、
「だっこで起こせるとおもっとるかもしれんけど、苦しいげんよ
!」と抱っこされながらキレていた(^^;)。
じゃあ、起きて歩けばいいのに、だっこされたままで。
甘えたい日もあるんだね。

サッカー大作戦/こねこのチョコレート
おたすけこびとのハムスター/こびとづかん
アップルムース/ろけっとこざる

こびとづかん/こねこのチョコレート
こびとづかん/アップルムース
ろけっとこざる


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2013/01/15 23:13 ] l この記事を印刷 | 冬の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
なつかしい遊び
なつかしい遊び

今日は保育参加でした。
朝からムスコ達と一緒に登園し、昼ごはんまで一緒に過ごします。

まずはいつもの教室で、好きなゲームをしたり、工作をしたりしました。
年長組()の保護者として参加なのですが、がぴったりはりついているので、ほとんどとは遊べず(--;)。
ゲームに誘っても「別にいいや。」とそっけない返事。我慢してるのが分かるので、どうしたら良かったのか・・・縦割り保育のため同じ組にがいるので、こうなることは予想してましたが、たち振る舞いが難しかったです。

10時からは、みんなで わらべ歌&体を使った遊び。
10時半からは、絵本の読み聞かせ がありました。
今日の絵本は、今日明日の天気にぴったりな↓コレ。

「きんいろあらし」
やなぎむらに冬の気配。虫たちはつよい風にほんろうされながら、冬支度を始めます。
きんいろあらし―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)きんいろあらし―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)
(1998/10/20)
カズコ・G・ストーン

商品詳細を見る

それまでワイワイ騒がしかった子供たちが、静かに集中して聞き入っていて、ほほえましかったです。
楽しそうに遊んでいる姿もいいけど、真剣なまなざし・・・とてもステキです。

その後、年齢別クラスに別れ、保護者たちがやった「子供のころの遊び」をみんなでやってみることにしました。
「ケンケン相撲」、「ハンカチ落とし」、「ゴムとび」

どれもウン十年ぶりなので、なつかしい!
特に「ゴム飛び」は小学校で夢中になってやっていたのに、中学以降は見かけたこともなかったですし。
やってみると、ちゃんと体は覚えていて順番は完璧。
しかし、昔のようには体は動かず、低い段をドスドス跳ぶのがやっとでした(--)。
昔はかなり高いところまで跳べたのに・・・跳べたのは気持ちだけでした。

お手玉・まりつき・ゴムとび―DVD 歌とリズムで伝承あそびお手玉・まりつき・ゴムとび―DVD 歌とリズムで伝承あそび
(2008/07)
田中 邦子

商品詳細を見る


最後は、みんなで給食
ほんとにおいしかった!
この保育園に決めた理由のひとつが、この給食でしたからね~。
毎日これが食べられるムスコや先生がうらやましい(^^)!

疲れたけれど、楽しいひとときを過ごしました。
ありがとうございました(^^)。

今日のO&J

へんなおばけ/タマゴイスにのり
くまさんのおたすけえんぴつ/みっつのねがい
もりでいちばんつよいのは?/クモくんのにっき

ぶたぬきくんナースになっちゃった/旅館すずめや
へんなおばけ/タマゴイスにのり
くまさんのおたすけえんぴつ/みっつのねがい
もりでいちばんつよいのは?/クモくんのにっき


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/11/06 12:01 ] l この記事を印刷 | 冬の絵本 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。