スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:-- ] l この記事を印刷 | スポンサー広告
上越旅行記1
上越旅行記 謙信、兼続公をめぐる

が18(日)上越市で行われる北信越大会に出場が決まり、前日入りして観光しようともくろんだ私たち。
生涯ほとんど負けなかったという上杉謙信公ゆかりの地をめぐり、戦勝祈願もしちゃおうという計画。

9時ごろに金沢を車で出発。
名立谷浜SAで昼食を食べ、まずは「春日山城跡ものがたり館」へ。

春日山城史跡広場の横に建つ、無料の資料館。
思ったより小さいですが、中の映像などを見てから春日山城跡を散策すれば、理解もの深まると思います。

上越1(自然の要塞、春日山城)

資料館は小さいですが、そのそばの史跡広場から先は奥の見えない小高い山。
これがすべてが、春日山城
調査によって確認できた土塁や堀、道堀立柱建物などが復元され、自然の中に作られた強固な山城を体感することができます。

その大きさは想像の何倍もあり、そこで生活していた越後の武将たちのすごさをその身に感じることができます。
今は秋で、とても過ごしやすい時期ですが、冬になればさぞ雪深く、難儀であろうかの地。
幼少のころからこの山を駆け回っていたのかと思うと、戦の力だけで言えば、関東武者たちがかなうはずもないと感じるに十分な場所でした。

歩けば4時間ほどで城を回れるとのことですが、そんな根性も時間もない私たちは、車でまず林泉寺へ。
謙信公が7歳から14歳までをすごしたというお寺です。
ここで、謙信公が負け知らずの武将と聞いたは、あすの空手大会の戦勝祈願に必死。

「そこどいて! おとうさん邪魔だよ!」
とだれも近づけないようにし、1人で寺や碑にむかっては、ながながと手を合わせていました(^^;)

上越2(林泉寺 山門を内側から見たところ)

寺そばにある、宝物殿の方も見学。
毘沙門天の白い旗は美しく、甲冑は本多忠勝公や伊達正宗公の甲冑に比べるとシンプルで機能的な印象。
一緒においてあった直江家の愛の甲冑は、想像以上に「愛」の字が大きく美しかったので、またこれも面白かったです。

その後、春日山神社へ。
そこからは上には徒歩でしか登れません。狭い遊歩道のほうを行ったのですが、道が急で、ちょっと外れると穴や崖のようになっており、まさに難攻不落の城、といった様子。
これでも、歩きやすいように道が作られているのですから、昔、夜にここを馬でかけおりた武将たちは、どんなにすごかったことでしょう。
がんばって直江家跡にむかっていたかーたんとじいじですが、途中で息切れがひどく、断念しました(--;)。

上越4(左に見えるは頸城平野。これでもまだ城の途中。この高さ!)

とーたんとムスコ2人はさらに上を目指し、登っていきました。
2人は走って登っていったそうで、足軽くらいはつとまりそうでしょうか。

本丸まで登ったところで、直江兼続(もてなし隊の方)がいきなり現れ、話しかけられてびっくりしたそうです。
刀で切られそうになったけれど、最後は刀を触らせてもらい、一緒に写真を撮影してました。
後でわかることですが、この方、ふもとの上越市埋蔵文化財センターから、1時間ほどかけて歩いて登って来られたそうです。重い甲冑をつけて! お疲れ様です・・・

上越3(謙信公の像)

春日山神社そばの謙信公像前でふたたび合流した私たちは、コシヒカリアイスを食べ、春日山城を出発。

車を走らせていると、馬にのる謙信像を発見。そのそばで武者姿の人が手を振っています。
思わず車を止め、近づいてみると、そこが「上越市埋蔵文化財センター」

上越5【武田信玄に切りかかる謙信公の像。見上げるとその迫力がわかります。いやいや、絶対防げないわ・・・・)

よる予定はなかったのですが、ここがヒット!!
30年に一度しか御開帳されないという秘仏、「滝寺毘沙門天立像」や謙信公が奉納したといわれる「胴釣灯籠」の展示。
そして、年表や人物説明などが、とても見やすく展示されており、映像資料もムスコ達ががっつり食いつき、かなりの長い時間堪能させていただきました。

むすこたちは、タッチパネル、7問3拓の謙信クイズにはまり、何度も挑戦していました(初級、中級、上級があり、その正解数によって、家老級とか足軽大将級とかいわれる)。
ここはおススメです!

ここには、おもてなし隊として、上杉景勝公、そして先ほど山頂であった直江兼続公も戻って来て、ムスコ達にいろいろお話してくれました。みんさんとても優しかったです。
おもてなし隊の方々、ほんとうにありがとうございました。

予定を大幅にすぎましたが、ここから明日の空手大会の会場にむかいます。
念のために、下見です。

そこで、たまたま監督さんに会ったので、ゼッケンをいただき、ホテルでちくちくと縫いつけました(両面テープになっているけれど、念のため)。

すっかり楽しんだ一日でしたが、明日が本番
謙信公にあやかっていい試合になるとイイね!
スポンサーサイト


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

[2015/10/17 23:43 ] l この記事を印刷 | 旅行記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<空手道大会 in 上越 | ホーム | まいごになった子ひつじ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pandamama7.blog11.fc2.com/tb.php/1804-629f81bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。